川崎区・幸区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

拉致問題、理解深めて 10月2日 市民のつどい

社会

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は10月2日(土)、「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」をオンライン開催する。午後2時から4時30分まで。申し込み不要。

 市内には拉致被害者・横田めぐみさんの家族が暮らす。市は拉致被害者の帰国の実現を願うとともに、多くの市民に拉致問題への理解を深めてもらおうと2008年からつどいを開催している。

 当日は、めぐみさんの弟・拓也さんと被害者の曽我ひとみさんが講演。当時中学1年生だっためぐみさんが帰宅途中に拉致された事件を題材に、残された家族の苦悩や救出活動の模様を描いたドキュメンタリーアニメ『めぐみ』も上映する。

 開会から閉会までオンラインで配信(https://www.city.kawasaki.jp/250/page/0000109601.html)。講演の様子は後日、市ウェブサイトで見ることができる。

 共催団体のひとつで、めぐみさんの母・早紀江さんと同じマンションに住む住民有志が設立した支援団体・あさがおの会の森聡美さんは「残念ながら、父・滋さんはめぐみさんとの再会を果たせず旅立たれた。早紀江さんをはじめとする拉致被害者家族に同じ思いをさせてはならない。市民一丸となって国に訴えていきたい」と話す。

 問い合わせは【電話】044・200・2688。
 

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若宮で再び献血

若宮で再び献血 社会

 31日、限定御朱印、記念品も

10月22日号

市バスマップが完成

市バスマップが完成 社会

安全利用のポイントも掲載

10月22日号

銀座街で体験イベント

23、24日

銀座街で体験イベント 経済

ワークショップ、VR体験

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

水道の歴史探る企画展

川崎市給水開始100年

水道の歴史探る企画展 文化

溝口・ふるさと館で

10月22日号

伝統芸能「講談」に親しむ

伝統芸能「講談」に親しむ 文化

17日、交流館で

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook