さがみはら緑区版 掲載号:2011年10月20日号
  • googleplus
  • LINE

セェリバレエシアター 海外TVに生出演 国際交流の一環 米国・サンディエゴ公演

リハーサル風景は現地テレビで生中継された(上)ダンサー同士は仲良しに(下)
リハーサル風景は現地テレビで生中継された(上)ダンサー同士は仲良しに(下)

 市内初のプロバレエ団「セェリバレエシアター」(田名・大谷悠子主宰)のメンバーが今夏、アメリカのサンディエゴで、現地バレエ団「チュラビスタバレエ」と国際交流公演を行った。日本から約25人ものダンサーが訪れることは珍しいとあって、現地テレビ局のクルーが公演前日にリハーサル風景を取材。その様子は、生中継で放映された。

 チュラビスタバレエとの交流は約10年前にスタート。2年に1度のペースで、互いの公演にゲスト出演し、交流を深めている。今回は1年前から企画してきた。

 テレビ取材を受けたのは公演前日。リハーサル風景をバックに、リポーターが両バレエ団や公演について、約15分にわたり紹介した。テレビ放映の影響もあり、翌日の公演は昼・夜の部とも満席。観客からは「すごく良かった」と絶賛された。

 舞台のみならず、両バレエ団はパーティーを開いて交流を図った。言葉がつたなくてもすぐに打ち解け、「最後はハグし合って仲良しになっていた」という。

 同バレエ団では、バレエを通した国際交流に力を入れている。「幼い頃に、文化や言葉の違いを体験すれば強く記憶に残る。将来子どもたちが世界で活躍するきっかけになれば」と大谷さん。体験を通じて子どもの意識が変わったと保護者から話を聞くこともあり、世界に目を向ける大切さを痛感するという。「民間レベルだから、資金的にも頻繁にはできない。それでもできるだけ続けたい」。来年にはチュラビスタバレエを招待して、公演を行う予定だ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

上位進出めざし、発進

ノジマステラ神奈川相模原

上位進出めざし、発進

3月15日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

NFLチアに挑戦

元Suns天満谷さん

NFLチアに挑戦

3月8日号

地域で子育て、50年

大沢地区子連

地域で子育て、50年

3月8日号

銃や甲冑、戦国再現

津久井城

銃や甲冑、戦国再現

3月1日号

自治体ポイント導入へ

相模原市

自治体ポイント導入へ

3月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク