さがみはら緑区版 掲載号:2012年8月23日号
  • googleplus
  • LINE

市内の特養増床 14年度中、更に740増 タウンレポート  重介護者の待機減へ

 高齢化が進み、全国的に特別養護老人ホーム(以下、特養)の数が不足していると言われる昨今、本市はどのような状況か。市内における特養整備の現状と課題について探った。

 ここ数年、市では65歳以上の人口が増え、特養への入居を希望しても定員で入れない待機者数も増加した。そのため、特養を新設・増設する事業者へ1床(ベッド数)あたり450万円の補助金交付を実施。2009〜11年度には当初の計画を100床上回る750床の整備に結びつき、8月23日現在で市内の特養総床数は2257床となっている。

 それでも、入居待機者数は4月1日現在で2395人に上る。ただ市は「要介護度の上で、ただちに入所が必要な人以外も含まれている」と説明。2012〜14年度でさらに740床を整備し、すぐに入所が必要な要介護4(ほぼ生活全般に介護が必要)および要介護5(生活全般に介護が必要)の待機者解消を図る。

在宅介護充実で待機者全般を解消

 特養居住者のプライバシーに配慮するため、厚生労働省では、従来の多床室ではなく、ユニット型(個室)の特養整備を推進している。だが「ユニット型は高くて入れない」という声もある。そこで、市では市民税非課税などの世帯へ居住費軽減を行っているほか、施設全体の50%以内なら、多床室設置を認め、低所得者の利用に配慮している。

 特養整備は市の財政負担が重い一方で、在宅介護を希望する高齢者も多く、中には、特養へのショートステイとケアマネージャーの居宅介護を組み合わせ療養する重介護者もいる。特養の増床に加え、今後は在宅介護の充実も待機者解消へのカギとなりそうだ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

新シーズンへ、決意新たに

SC相模原ノジマステラ

新シーズンへ、決意新たに

2月15日号

橋本に防犯メジャー設置

造園技能検定に6人合格

相原高校環境緑地科

造園技能検定に6人合格

2月8日号

「相模原からボート熱を」

市内在住荒川鐡太郎さん

「相模原からボート熱を」

2月8日号

市全域、一体で鳥獣対策

救急出場件数が過去最多

2017年市消防

救急出場件数が過去最多

2月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク