さがみはら緑区版 掲載号:2014年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

市長インタビュー 発展へ着実な市政運営を 選ばれる街づくりを推進

政治

対談する加山俊夫市長(右)と本紙木村
対談する加山俊夫市長(右)と本紙木村

 2014年の年頭を飾る企画として、本紙では加山俊夫市長に対し、新春インタビューを行った。加山俊夫市長は相模原市の未来に対する構想や考え方、厳しい財政状況下での2014年度予算などについて率直に語った。

(聞き手/本紙さがみはら緑区編集長・木村正博) 

 ――早速ですが、昨年(2013年)を振り返っての感想をお聞かせ下さい。

 昨年は、本市にとってまちづくりに関する大きな出来事があった年でした。まず、リニア中央新幹線駅の設置が橋本駅付近に決定。その他にも、圏央道相模原愛川ICや、緑区合同庁舎、パスポートセンター、再開発に20年以上の期間を要したボーノ相模大野、ペアナードオダサガなど、様々な施設がオープンしました。これまで、地域や関係者の皆様とともに育ててきた花が咲いた年とも言えます。相模原市が広域交流拠点都市を目指す上で、重要な年だったと思います。ソフト面では、歯科・がん検診制度の充実、学校でのいじめ対策を強化しました。スポーツ関係では、多くの選手が全国レベルの大会で活躍し、中でも特に嬉しかったのは、SC相模原がJFLで3位という好成績を残すとともに、11月にJ3昇格が決定したことです。

 ――新年度予算編成の骨格、テーマ、重点施策をご説明下さい。

 相変わらず地方自治体の財政は厳しいものがあります。大企業を中心に少し明るい兆しもあるようですが、市内企業の99%を占める中小企業では、それを実感できるまでには至ってないと思います。このような状況から市の大きな財源である市民税の大幅な増収は厳しいと思われます。市税収入は、前年比で微増を見込んでおりますが、災害対策をはじめ、子育て支援や福祉・医療の充実、教育環境の整備、雇用対策や中小企業支援などに取り組まなければならない一方、相模原市の発展に向けた中長期的な投資も行わなければなりません。

リニア・圏央道を発展の柱に
加山市長が市政を語る

 リニア中央新幹線駅設置に伴う、橋本駅周辺の整備、相模総合補給廠の一部返還及び共同使用に伴い、市が行うべき事業、圏央道開通に伴う産業拠点の整備などをバランス良く実行していく必要があります。このため、6つの重点事項を掲げ、市政運営に取り組むこととしました。まず、「にぎわいと活力に満ち、市民がいきいきと暮らせる都市づくり」として、圏央道の開通やリニア中央新幹線駅の設置を見据え、産業集積、都市基盤整備を推進するほか、各種就労支援・職業紹介事業などを推進します。「災害に強く、健康で心安らかに暮らせるまちづくり」として、東日本大震災の教訓を踏まえ、すべての市民の皆様が安全で安心して暮らせるよう、より一層の防災・減災対策を推進します。教育分野で「健全で希望にあふれる次世代を守り、はぐくむ環境づくり」として、不登校・いじめ対策、待機児童の解消などを目指します。また、再生可能エネルギーの導入、資源の有効活用や環境負荷低減のための『4R』の推進、地産地消の推進等により「地球環境を保ち、自然と共生する社会づくり」を進めます。さらに、市民の皆様が相模原に誇りや愛着を持てるよう「市民が輝き、市民が主役の地域づくり」に取り組むとともに、「持続可能な都市経営の推進」のための行財政改革、事務事業の質の向上等について、スピード感をもって取り組んでまいります。
 
−−リニア中央新幹線駅の設置が橋本駅付近に決定しました。これらを踏まえた今後の緑区のまちづくりの展望をお聞かせ下さい。
 
 昨年9月18日、JR東海から、リニア中央新幹線駅を橋本駅付近に、また、車両基地を鳥屋付近に設置することが示されました。駅は橋本駅の南、およそ100m地点に設置される予定ですが、駅周辺の整備が市の仕事となります。平成26年度中には基本構想をまとめたいと考えております。また、広大な規模の車両基地も鳥屋付近にできます。このことにより「地域が分断される」「周辺環境の破壊につながる」など不安視する声もありますので、市民の皆様の不安を払拭できるよう、JR東海や関係者と調整をしていきたいと思います。また、圏央道は本年3月に市内区間が全線開通し、相模原ICのオープンは平成26年度末の予定となっています。現在は、緑区根小屋地区までの津久井広域道路の整備を行っているほか、圏央道の開通で産業用地としての需要が高まっているIC周辺に2つの産業拠点の整備を進めています。川尻大島界地区については、着実に事業が進んでおり、金原・串川地区についても工業用地の保全や活用、地域特性を生かした魅力ある居住環境の創出や農業の振興、交通機能の充実など複合的な土地利用について、検討を進めていきたいと思っています。
 
−−最後に新年に向けて、本紙読者へのメッセージを御願い致します。
 
 相模原市はこれまで内陸工業都市として発展してきました。今後、リニア中央新幹線駅の設置、圏央道の開通、小田急多摩線延伸など大きなプロジェクトが控えており、本市のポテンシャルはさらに高まっています。市民の皆様が安全と安心を実感できますよう各施策に取り組み「人や企業に選ばれるまちづくり」を進めてまいりたいと思っています。市政への変わらぬご協力を賜りますようお願いするとともに、本年が皆様にとって、良い1年となることをお祈り申し上げまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
A000308035_02.jpg
「本市のポテンシャルは高まっている」と将来を語る加山市長

暑中お見舞い申し上げます

眼鏡・時計・宝飾のウエハラ

いい品をお求めやすく!ジュエリーリフォームから時計の電池交換まで承ります

http://www.matsubo.com/shop/10/10.htm

一般社団法人 相模原市医師会

休日・夜間の急病時は相模原救急医療情報センター(042-756-9000)へ

https://www.sagamihara.kanagawa.med.or.jp/

旭フォークリフト株式会社

フォークリフト中古車,レンタル,点検,修理の事なら旭フォークリフトへ

http://www.asahifork.com/

神奈川建設ユニオン

組合員様の仕事と生活を守るため、各種の共済制度・建設国保などを提供しています

http://www.kanagawakensetsuunion.com/

安心できる現場力

マンション・施設・店舗など清掃設備管理で快適な住環境を守ります。

http://apo-comi.jp/

地域の不動産業として

消費者の利益を保護し、以て公共の福祉の増進に寄与する活動を推進

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/a-27.html

「安心社会」働く力で

「働くことを軸とする安心社会の実現」に向け政策提言などで活動

https://rengo.or.jp/

公助・公益に向けた運動推進

労働者福祉運動と福祉事業の連携、公助・公益につなげる運動を展開

http://www.jtuc-sagamihara.jp/sagamihara/

おしゃれゴムと生活雑貨

組紐・おしゃれゴム・ヘップリング・日用品雑貨製造販売  創業90年のイノウエ

http://www.inoue-braid.co.jp/

スワ運輸株式会社

ドライバー、セールスドライバー、配送スタッフ大募集中!

https://en-gage.net/suwaunyu/

神奈川県司法書士会 相模原支部

不動産、相続、成年後見などお気軽にご相談ください。

http://shiho.or.jp/index.html

相模原商工会議所

産業界の活力で新相模原を創出 会員とともに行動、変革、そして未来へ

https://www.sagamihara-cci.or.jp

公益社団法人相模原市病院協会

市内37病院が加盟。地域医療事業を展開し、健康と福祉増進に貢献して参ります

http://s-ha.or.jp/

ちょっと聞ける

漢方、健康食品、医薬品、詳しくは「青葉のブログ」で

http://profile.ameba.jp/ameba/kampo-aoba

陣馬山トレイルレース

第18回大会、11月4日(日)開催、インターネットで申込受付中

http://www.kitatan.com/

夏バテの方ご相談下さい

冷えと自然治癒力の関係を考える

http://www.sagamiko-kenkou.com/

お客様との出いが宝

短歌入り「フォトフレーム」相模の寝姿観音

http://www.akimoto-insatsu.com

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

統合「賛否」、併記し市教委へ

青根小中検討協議

統合「賛否」、併記し市教委へ

7月26日号

市内施設で事前キャンプ

ブラジル競泳選手団

市内施設で事前キャンプ

7月26日号

100mH 大会新で全中へ

相原中関口美桜さん

100mH 大会新で全中へ

7月19日号

全宅連会長に就任

地元不動産会社社長坂本久氏

全宅連会長に就任

7月19日号

「更なる発展」願い40年

城山商工会青年部

「更なる発展」願い40年

7月12日号

「住みよい町」進めた半世紀

相模原市自治会連合会

「住みよい町」進めた半世紀

7月5日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク