さがみはら緑区版 掲載号:2014年5月1日号 エリアトップへ

市マスコットキャラクター 「さがみん」に決定 イベント等で市をPR

掲載号:2014年5月1日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市初のマスコットキャラクターが、このほど「さがみん」に決まった。3月1日から4月6日まで行われた市民投票で最高得票を獲得し、正式に選出された。市は今後、主要なイベントなどや各メディアでキャラクターを登場させ、市の魅力を内外にアピールしていく方針だ。

 マスコットキャラクターの選考は、市制60周年記念事業の一環として昨年12月から進められてきたもので、1月末までに集まった作品1475点から選考会によってしぼり込まれた10点が、市内各所での市民投票にかけられた。さがみんは、投票総数12104票のうち、最高となる3195票を獲得。2位に1000票余りの差をつけた。愛称については、応募作品のうち120点以上がさがみんと名付けていたことから、変更なしで決定した。

 さがみんは、大阪市在住の塩崎歩美さんの作品。自然の優しさと都市の活気を表現したキャラで、清らかな水、市花のあじさい、特産のゆずを盛り込んだ帽子が特徴だ。市から決定の知らせを受けた塩崎さんは「素直に嬉しい」と喜びを口にした。市内在住者の作品では、美大生の渡邊百合さんの3位が最高だった。

 市は6月以降、さがみんの着ぐるみ製作に着手し、市内の主要なイベントに登場させるほか、各種メディア露出などを通じて市をPRすることも検討している。今回の選出を受けて横浜トヨペット(株)フォルクスワーゲン事業部は早速、市制60周年記念事業への参画としてさがみんのラッピングカーを製作。4月25日に市役所正面広場で市民に披露した。市は今後、各企業からこうしたさがみんを使用した商品開発の申請も受け付けていく考え。「市民に親しまれ、市内外の橋渡し役になれば」と願いを込めた。

 記者会見で、加山俊夫市長は「愛らしい顔立ちで、多くの人に愛されるキャラクターだと思う」と話し、さがみんに期待感を示した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

金子さんに国税局長表彰

元橋本町在住

金子さんに国税局長表彰 社会

「長年の活動評価され光栄」

12月2日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook