さがみはら緑区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

串川 「財産区をもっと知って」 住民への浸透を願い植樹

文化

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena
植樹をする子どもたち
植樹をする子どもたち

 串川財産区管理会は、「串川財産区」を地元住民にもっと知ってもらおうと1月25日、通称・雨乞山(緑区根小屋字土沢)の山頂でイロハモミジの植樹を行った。植樹式には多くの子どもたちも参加。「水源地の森林を多くの人に認識してもらえれば」と関係者は期待を寄せている。

 1955年4月1日、旧津久井町が誕生した際に、特別地方公共団体として、設置された「串川財産区」。旧串川村が管理していた約309haの区域がこれに該当する。串川財産区のほとんどは森林で、1950年代には数多くのスギやクヌギなどの針葉樹の植林を実施。地元産業の一端を担ってきた。それに加え、80年代には、宮ヶ瀬ダム建設に伴い、区内の山林や立木等を処分。その収入が地元の学校や公共施設、道路整備等の財源の一部として拠出され、地域の発展に大きく寄与してきた歴史がある。

 林業が衰退した現在は、上空を通る送電線の線下補償料や県の水源保全税が主な収入源。その財源をもとに7人の委員からなる管理会(守屋好雄会長)が中心となり、財産区内の山林調査や倒木等の除去、遊歩道の整備などの管理・運営を行っている。そうした中、「財産区の存在を知らない住民も増え、もっと森林の大切さを広めたい」との思いから雨乞山で植樹式を行った。

植樹式に150人

 25日の植樹式には、北村美仁緑区長をはじめ、関係団体、学校、住民など約150人が参加。植樹式、標柱の除幕、タイムカプセル埋設などが行われた。守屋会長は「植樹木に選定した長寿で知られるイロハモミジは『未来へつながる串川財産区』と銘をうち、串川の更なる成長、発展の願いが込められています。今回の植樹を通じて、水源地の宝である財産区の森林に関心を持って頂き、次の世代につなげていけたら」と挨拶。参加した子どもたちは「植樹をしてみて、山や自然の大切さがわかった」、「自分たちで埋めたタイムカプセルを将来取り出したい」などと話していた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市、マスク適正着用を促進

コロナ禍の熱中症対策

市、マスク適正着用を促進 社会

ホームページ、動画で啓発

8月6日号

SDGsで再生へ

理念共有で地域を活性

SDGsで再生へ 経済

8月6日号

「最後の大会」代替開催へ

市中体連

「最後の大会」代替開催へ スポーツ

8月末から 3年の節目に

7月30日号

地元の良さを再発見

藤野商工会青年部

地元の良さを再発見 教育

子ども対象にフォトコン

7月30日号

代替大会、組み合わせ決定

高校野球選手権

代替大会、組み合わせ決定 スポーツ

1日開幕、175校が出場

7月23日号

「七夕まつり 絶やすまい」

アリオ橋本

「七夕まつり 絶やすまい」 社会

今日から観覧形式で実施

7月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク