さがみはら緑区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

花粉飛散 今年は多い 県内での調査結果発表

社会

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
黄色味かかって見えるのが雄花。枝の先に米粒大の雄花が着いている(写真左下)=ともに清川村のスギ
黄色味かかって見えるのが雄花。枝の先に米粒大の雄花が着いている(写真左下)=ともに清川村のスギ

 神奈川県は2015年度のスギとヒノキの雄花の着花量の調査結果を発表した。それによると、スギ、ヒノキ双方とも今年春の花粉の飛散量は、少なかった昨年春と比べて増加、例年よりも多くなると予想されている。調査を行った自然環境保全センター(厚木市)は「今年は例年より多い花粉が予想されますので早めの対策をお薦めします」と話している。

 自然環境保全センターは、県の依頼を受けて1997年以来、毎年11月から12月にかけ、県内のスギ林で花粉を飛散させる雄花の着花量調査を実施している。今年は県内30カ所のスギ林で、各々40本のスギを抽出し、双眼鏡や望遠鏡を用いて、1本ごとに着花状況を判定。着花点数の合計値を本数で除した平均値を調査箇所ごとの着花点数としている。

 今回の調査結果では、着花点数の平均値は50・6点。この数字はやや少なかった昨年度の37点を大幅に上回り、過去18年間の平均値である42・9点も上回った結果となった。同センターでは「例年、前年花粉の飛散が少なかった次の年は多く花粉が飛ぶ傾向にあり、加えて昨年夏の影響も考慮しますと、今年の春は例年より多くの花粉の飛散が予想されます。寒波が過ぎると一斉に飛散しますので、早めの対策をお薦めします」と注意を呼びかける。

スギに加えてヒノキ花粉の飛散予測も実施

 近年ではスギに加え、花粉症の原因植物であるヒノキの花粉が増えている。ヒノキは、植栽された時期が比較的新しく、近年雄花を着ける樹齢に達する樹木が増えているからだ。

 同センターでは、こうした状況を踏まえ、2012年度からヒノキの雄花量の調査を実施。調査から4年、今年度初めて調査結果を公表し、全国で初めてヒノキの雄花量による花粉飛散予測を行った。調査はスギ同様、県内40カ所のヒノキ林で実施した。

 それによると今年度、着花点数の平均値は52・5点。スギ同様に少なかった昨年度の34・7点を大幅に上回り、4年間平均値である46・3点も上回っている。また、40カ所の内、津久井地区8カ所が72点と県内平均値より高い結果となった。同センターでは「まだ、ヒノキの調査期間が少ないので、はっきりとしたことはわかりませんが、都の調査では奥多摩地域がヒノキの着花が多いと聞いています。多摩から津久井につながる山林が影響しているのかもしれません」と分析する。

無花粉品種の開発も進行中

 同センターでは、花粉発生源対策として、「花粉の少ないスギ・ヒノキの品種」の選抜と実用化を行っている。現在、県内で生産されているスギ・ヒノキの苗木は全て「花粉の少ないスギ・ヒノキ」となっているという。さらに、3年前に全国で初めて無花粉ヒノキを発見し、現在は全く花粉を飛散させない無花粉のスギ・ヒノキ双方の開発も併せて行っている。同センターは「無花粉のスギは今年春には、3000本程度の苗木が出荷できる見込みです」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

コロナを灯で吹き飛ばす

津久井湖城山公園

コロナを灯で吹き飛ばす 文化

4万5千球が神秘的に

10月29日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク