さがみはら緑区版 掲載号:2016年7月21日号 エリアトップへ

市内熱中症 救急搬送が昨年比30人増 消防、郵便局と連携し啓発

社会

掲載号:2016年7月21日号

  • LINE
  • hatena
熱中症予防を呼び掛けるはがき「かもめ〜る」
熱中症予防を呼び掛けるはがき「かもめ〜る」

 猛暑が続いている今年は、昨年に比べて全国的に熱中症による救急搬送人員が増加している。市内でも4月1日〜7月13日時点で95人が搬送されており、昨年同時期の65人から30人増加している。例年7、8月にピークを迎えていることから、市消防局では適切な予防を訴えている。

 総務省消防庁が発表するデータによれば、神奈川県下では今年4月27日〜7月10日の熱中症による救急搬送人員は558人で、昨年同時期の251人から2倍以上に膨れ上がっている。全国的にも7771人から1万3613人と大幅に増加している。

 市内での搬送人員95人(緑区が20人、中央区が45人、南区が30人)のうち、半分以上にあたる52人が65歳以上の高齢者。幸いにも市内では死亡や重症につながるケースはまだ発生しておらず、中等症が30人、軽症が65人となっている。屋外での作業中やスポーツ中だけでなく、屋内にいても、冷房を我慢してしまい、熱中症にかかってしまう人も多いという。

 同局救急課では熱中症対策として「予防救急」を呼び掛けている。「予防救急」とは日常生活の少しの注意や心掛けによって、救急要請が必要な病気やケガを防ぐ取り組み。「熱中症はきちんと対策を講じれば防げる病気です。暑い時は無理をせず、小まめな水分・塩分補給や涼しい場所での休憩をすることが大切」と同課は注意を促している。

はがきで注意喚起

 市消防局では、市内の郵便局と連携し、暑中見舞い用のくじ付き郵便はがき「かもめ〜る」を利用して熱中症予防を呼び掛ける事業を開始した。

 これは橋本郵便局が同局に提案し実現したもの。このはがきの裏面には熱中症予防の呼び掛けと、同局が配布している「きゅうきゅう安心カード」の説明が掲載され、表面には協賛企業の広告スペースが設けられている。協賛企業が印刷費用やはがき代金を負担し、指定したエリアに配達することができる仕組み。現在、5社が協賛企業として決まっている。

 同郵便局によると、くじ付きはがきのため抽選日となる9月5日まで各家庭で保管してもらえる狙いもあるという。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ブラジル大使、市内視察

東京五輪事前キャンプ

ブラジル大使、市内視察 スポーツ

リモートで市民交流検討

6月17日号

8月に閉館、建替えへ

アートラボはしもと

8月に閉館、建替えへ 文化

今夏 民間事業者を公募

6月17日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter