さがみはら緑区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

橋本こどもセンター移転へ 旭中敷地内に 2019年度めど 

社会

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena
現在の橋本こどもセンター=9月30日撮影
現在の橋本こどもセンター=9月30日撮影

 緑区橋本にある「橋本こどもセンター」が、2019年度をめどに移転改築する。リニア中央新幹線の新駅設置に伴うもので、移転先は近隣にある旭中学校の敷地内。

 県立相原高校の南側、かつて「かなりや児童館」があった場所に立地する同センター。平成の初め頃、施設内で自由に遊んだり、勉強したりする従来の児童館に、小学1年から3年生までの児童を預かる放課後児童クラブ(学童保育)などの機能を備えた「こどもセンター」が市内各地で開設される中、同児童館も建て替えられ、1994年4月に橋本こどもセンターとしてオープンした。市内には現在、24のこどもセンターがあり、緑区内には橋本のほか、大島・城山・二本松に設置されている。

 現在の同センターの立地場所が、2027年に開業をめざすリニア中央新幹線神奈川県駅の工事予定地であることから、市では今年4月頃から移転先を検討。近隣にある旭中学校のグラウンド西側、バレーボール・バスケットボールコートがある辺りに建設する方針を固めた。

 この移設により、施設の延床面積が現在の600平方メートルから850平方メートル程に拡大。児童クラブ室も広くなり、定員が113人から150人程度に増える。市によれば、近隣の橋本小学校の児童が利用する現在の児童クラブは「ほぼ満員状態」。今後、児童数増加を見込む市では、児童クラブの待機児童解消に期待している。

 今後の事業としては、今年度中に基本・実施設計事業者と委託契約。2017年度に設計を完成させ、18年度に着工。開館は19年度になる予定。現在の施設は、利用できない期間を作らないよう新施設開館後、閉館の手順をふんでいくという。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ワクチン接種 円滑に

相模原市4月補正予算案

ワクチン接種 円滑に 政治

総額22億8400万円を計上

5月7日号

6年振り「相武ダービー」

SC相模原

6年振り「相武ダービー」 スポーツ

9日ホーム 町田迎え撃つ

5月7日号

コロナ収束 天まで届け

和田自治会有志

コロナ収束 天まで届け 文化

鯉のぼり谷渡し 本日から

4月29日号

「相模原愛」醸成へ条例制定

「相模原愛」醸成へ条例制定 社会

全国初 市「魅力発信を強化」

4月29日号

住民ら新ルートを整備

石老山

住民ら新ルートを整備 社会

相模湖側から登山可能に

4月22日号

目標は「春夏連覇」

東海大相模

目標は「春夏連覇」 スポーツ

センバツ優勝を市に報告

4月22日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter