さがみはら緑区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

交流センター桂北小 “家縛り”で地域交流を 芸術家・松本春崇氏が開催

文化

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena
これまで、小学校など34カ所で「縛りプロジェクト」を行ってきた
これまで、小学校など34カ所で「縛りプロジェクト」を行ってきた

 「つないで結ぶ相模湖交流プロジェクト 家縛りプロジェクトBinding Homes」が11月19日(土)、20日(日)に県立相模湖交流センター入口で、12月13日(火)に市立桂北小学校(与瀬)でそれぞれ開催される。手掛けるのはアーティストの松本春崇氏(58)。松本氏は「プロジェクトにより、相模湖地区の人々とつながって結ばれたい」と話す。

 松本氏は地元多摩美術大学大学院卒の芸術家。「四つ」をモチーフとした4ism作品を主に、国内外で多数の個展、グループ展を開催している。「家縛りプロジェクト」は、松本氏が十字に紐がけされ、四分割された古新聞を見て、家を同じように縛ったら面白いのではないかと考え、雑誌編集者だった角田良江氏らとともに2011年からスタート。これまで、特別に制作した縄で、学校や民家などの建物全体を十字に縄でかけて、蝶々結びをするアートプロジェクトを国内外で34件行ってきた。

 そうした中、以前からこのプロジェクトに参加していた相模湖交流センターの職員が、地域住民との交流を目的に「つないで結ぶ」をキーワードにして、同センターや地元の桂北小学校でも開催できないかと松本氏に打診。氏も快諾し、今回の開催になった。

 相模湖交流センターでは、事前に公募した約20人のボランティアが手伝い、19日(午後0時30分から4時まで)と20日(午前10時から午後1時まで)の2日間をかけて制作。桂北小では12月13日に、児童やPTAなどと協力して各々施設や校舎を十字に縛っていく。どちらも一般見学可。

 松本氏は「日本人にとって縄は、神事に使うなど生活の道具だけでない特別なものです。縄の痕を残した芸術作品が縄文土器以来、日本の文化と伝統の根底に受け継がれてきました。今回は、地域の方々に事前に作って頂いた縄を、建物の太い本縄につないで結び、一緒に知恵と力を合わせて作品を作り上げたいと思います」と話す。

 11月25日(金)まで同センターアートギャラリーで、松本氏の個展「縄文ホワイト方丈記」が開催される。また、関連企画として、20日(日)午後2時から4時まで、松本氏と山内志朗慶応大学文学部教授のトークショー「家を縛ることと家に住まうこと」も実施される。

 詳細は、相模湖交流センター【電話】042・682・6121へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ブラジル大使、市内視察

東京五輪事前キャンプ

ブラジル大使、市内視察 スポーツ

リモートで市民交流検討

6月17日号

8月に閉館、建替えへ

アートラボはしもと

8月に閉館、建替えへ 文化

今夏 民間事業者を公募

6月17日号

新監督に高木琢也氏

SC相模原

新監督に高木琢也氏 スポーツ

J2残留が目標

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

レガシー創出への第一歩

ツアー・オブ・ジャパン

レガシー創出への第一歩 スポーツ

観戦自粛もトップが熱戦

6月3日号

ラポール千寿閣が閉館

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で業績悪化

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter