さがみはら緑区版 掲載号:2016年12月15日号 エリアトップへ

ふるさと納税 返礼品開始 寄付増・市のPR主眼に

社会

掲載号:2016年12月15日号

  • LINE
  • hatena
返礼品の例=市発行パンフレットより
返礼品の例=市発行パンフレットより

 相模原市は1日から「ふるさと納税」に対する返礼品制度を新たに開始した。返礼品には地元農畜産物を使用した食料品などを用意しており、市では寄付の増加を見込むとともに、返礼品を通じて市の魅力を全国に発信することに加え、市内経済の活性化にも期待を寄せている。

 市では2012年からふるさと納税による寄付を募っていたが、寄付に対する返礼品は設けていなかった。市によると、15年度の市への寄付は約660万円である一方、市内在住者が他の自治体に寄付をしたことで控除された税金額は2億9千万円に上っていた。

 今回の返礼品制度の開始はそうしたふるさと納税による税収減を改善するのはもとより、市内の産業や商業、農畜産物などを全国に発信するのが目的。今年の9月補正予算で返礼品の購入などに充当する1300万円を計上していた。新たに開始した返礼品付のふるさと納税「地方創生さがみはら地域活性化応援コース」は、寄付額に応じて返礼品を選べるもので、市の名物やシティセールスにかかわる商品、サービスが勢ぞろい。津久井在来大豆を使った「きな粉」から、JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」の関連グッズなども用意されている。

 市では16年度の寄付額を約2000万円と見込み、「返礼品の良さを実感してもらい、販路拡大のきっかけづくりなどで市内経済の活性化に繋げていきたい」と話す。詳細は市のホームページで確認できる。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

全国中止も、色あせぬ努力

小学生ドッジT.K.G

全国中止も、色あせぬ努力 スポーツ

「諦めない」姿勢 次代へ継承

4月9日号

61施設の使用料改定

相模原市

61施設の使用料改定 社会

スポーツ広場が有料化へ

4月9日号

相模原が開催地に

ツアー・オブ・ジャパン

相模原が開催地に スポーツ

「来年は自転車の1年に」

4月2日号

閉校、新学期は「青和」に

青野原小中学校

閉校、新学期は「青和」に 教育

青根小・中と統合 一貫校へ

4月2日号

6年生一人、最後の卒業式

青根小学校

6年生一人、最後の卒業式 教育

146年の歴史に幕

3月26日号

新型コロナ対策に1億円

市3月補正予算

新型コロナ対策に1億円 社会

PCR検査拡充など想定

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク