さがみはら緑区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

北里大医学部生 医オケ創設、初演奏会 地域と患者に音楽の癒しを

社会

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena
演奏会に向け練習に励むオケのメンバー=12月9日撮影
演奏会に向け練習に励むオケのメンバー=12月9日撮影

 北里大学医学部生が中心となり、音大生やプロの演奏家などを加えたオーケストラ「北里大学医学部管弦楽団」がこのほど創設され、第1回目となる定期演奏会が12月26日(火)、相模原市民会館(中央区中央)で開催される。「医学の道を歩む学生中心のオケ」という特色を生かし、活動を通じて地域還元できる音楽組織を目指す。

 発起人で代表を務める同大2年生の真壁伸吾さん=人物風土記で紹介=は今年8月、同大医学部生の仲間らに声を掛けオーケストラの中心となる同好会を発足。さっそく8月2日には、北里大学病院けやきサロンで小さな演奏会を開いた。その後、同大医学部生に加え、昭和音楽大学や国立音楽大学らの音大生やプロの演奏家を加え、総勢50人以上が集結。10月の顔合わせから5回の全体練習に加え、個人・パート練習も積極的に行った。ヴァイオリンソリストでコンサートミストレスを務める小池彩夏さん(25)は、「医学部にオーケストラがないと聞き力になれればと参加した。音大生とプロと医学部生が集まり他にない演奏ができるはず」と意気込む。

座席を地域へ無償提供

 同オケの活動主旨でもある「医学部オケにふさわしい活動」に則り、今回は一定の座席数を地域へ無償で提供。市内の病院やクリニック、障害児者らで構成されるNPО法人などへチケットを約200枚配布した。発足から演奏会まで短期間であったことから「次回はより多くの方へ配りたい。機会があれば、市の福祉関係のイベントなどへも積極的に参加できれば」と真壁さんは抱負を語る。

 演奏会では、モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」、「ヴァイオリン協奏曲第5番『トルコ風』第一楽章」などが披露され、協賛を得た「イオンファンタジー株式会社」による指揮体験ステージなども予定。午後6時開場、6時30分開演。入場料千円、高校生以下・65歳以上は500円。チケットの申込みはメールに名前、券種、枚数を書き【メール】m.orchestra.kitasato@gmail.comへ。当日券も有り。問合せは【携帯電話】080・1179・9736山崎さんへ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

金子さんに国税局長表彰

元橋本町在住

金子さんに国税局長表彰 社会

「長年の活動評価され光栄」

12月2日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook