さがみはら緑区版 掲載号:2018年3月1日号
  • googleplus
  • LINE

津久井城 銃や甲冑、戦国再現 3月4日 祭で郷土をPR

文化

津久井城を舞台にした迫力ある甲冑劇が披露される(上)津久井城ブランド品が出店(下)
津久井城を舞台にした迫力ある甲冑劇が披露される(上)津久井城ブランド品が出店(下)
 戦国時代の熱気が蘇る-。津久井城をテーマにした甲冑劇をはじめ、火縄銃、狼煙などの実演で当時を再現した「津久井城まつり」が3月4日(日)、午前10時から午後2時30分、県立津久井湖城山公園根小屋地区で開催される。関係者は「相模原市の有力な観光資源の一つ”津久井城”の魅力が味わえる祭りです。郷土の歴史を感じに来て下さい」と来場を呼び掛ける。

 津久井城は、鎌倉時代に三浦党の筑井氏が築城。戦国時代には、後北条氏の有力な支城として、家臣の内藤一族が守り、常に最前線でその役目を果たしてきた。また、「城山」全体が城郭(山城)となっており、歴史的価値の高い曲輪(くるわ)や堀などの遺構が良好に残される。現在は、県立の公園として整備が進み、パークセンター、花・水の苑地などに多くの観光客が訪れる。

 そうした中、公園を管理する(公財)神奈川県公園協会は、津久井城のブランド品を開発する津久井商工会と協力を行い、一昨年に戦国当時の様子を再現する「津久井城まつり」を企画した。3回目を迎える今年は、毎回好評の甲冑劇や狼煙の実演に加え、戦国時代の雰囲気を一層深めようと、目玉企画として津久井衆鉄砲隊(関隆英代表)による火縄銃(空砲)の発砲演武も行われることになった。演武後には、実際に火縄銃を手にとって、触れる企画も用意される。

地元有志が甲冑隊を組織

 祭のメインとなる甲冑劇には、津久井城の歴史を子どもたちに伝えるべく結成された「津久井衆甲冑隊(半田忍・原田久共同代表)」が出演。1525年、関東管領山内(上杉)憲寛が甲斐の武田信虎(信玄の父)とともに相模・甲斐の国境である津久井に押し寄せた際の、「果たして津久井城の運命やいかに」という内容を御屋敷跡で上演する。

 好評の狼煙は、正午丁度に、高台にある「馬場」の曲輪から上がる予定だ。パークセンター前では、津久井商工会の協力により10店程の店が出店され、同商工会が地元企業として開発した「津久井城ブランド品」の販売を通して、祭りを盛り上げ、津久井城のPRを行っていく。入場は無料で、雨天中止。当日は花の苑地第2駐車場からシャトルバスも運行される。

 同公園では「津久井城は相模原市が誇る立派な山城です。劇や火縄銃など、祭りには、至る所に津久井城の魅力が詰め込まれています。また、狼煙を見たら、どこから見えたのか連絡いただけると嬉しいです。どの位置まで見えるか把握したいと思うので」と話す。

 問合せは、同公園パークセンター【電話】042・780・2420へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

メダル胸に笑顔で帰国

緑区在住伊佐風椰さん

メダル胸に笑顔で帰国

9月20日号

パラスポの認知度拡大へ

市内小学校

パラスポの認知度拡大へ

9月20日号

空手の全国大会で大活躍

藤野小中村兄妹

空手の全国大会で大活躍

9月13日号

リーグ再開 優勝めざす

ノジマステラ神奈川相模原

リーグ再開 優勝めざす

9月6日号

4選へ 出馬を表明

加山俊夫相模原市長

4選へ 出馬を表明

9月6日号

危険ブロック塀の対策も

市9月補正予算案

危険ブロック塀の対策も

8月30日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク