さがみはら緑区版 掲載号:2018年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

城山商工会青年部 ユーチューブで見所紹介 1年間で37番組を投稿

経済

城山の名所”峰の薬師”を紹介する部員
城山の名所”峰の薬師”を紹介する部員
 動画共有サイト『ユーチューブ』を活用して、城山の観光スポットや名店などを発信する「しろやまTV」が好評を博している。仕掛けたのは城山商工会青年部(松本夏樹部長、部員29人)。昨年5月から配信を開始。「番組を観て、城山の良さを少しでも多くの人に知って頂きたい」と同部は期待する。

 この事業は、世界最大の動画共有サービスである『ユーチューブ』を使って、他の地域から訪問客を呼び込み、地域活性化につなげることが目的。昨年春、城山商工会青年部が、地元青年経済団体ならではの新しい試みを模索していたところ、視聴ターゲットが比較的若いユーチューブに、城山の良さを投稿することを発案。昨年5月から定期的に配信を開始したところ、少しずつ視聴者も増え「私の店も取り上げて欲しい」「面白いスポットがあるから紹介して」などの声が聞こえるなど、現在は他地域のみならず地元住民の中にも浸透してきているという。

 これまでに投稿したのは37番組。番組はレポーターやカメラマン、制作など、全て部員たち自身が担当し、これまで、地元にあるお勧めの飲食店の紹介の他、城山ダム、峰の薬師、津久井湖城山公園、津久井湖記念館などの観光スポットや小倉橋のライトアップ、津久井湖湖上祭、初日の出など季節ごとのイベントなどが紹介されている。

 事業開始から約1年で視聴回数は約1万回。4月の津久井湖さくらまつりでは、ブースに都心部から訪れた30代くらいのカップルから「毎回番組を楽しみにしています。これからも期待しています」などの声もかけられたという。松本部長は「ユーチューブで飲食店や自然豊かな街並みを紹介する事で、一人でも多くの方に城山に足を運んで頂きたい」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

100mH 大会新で全中へ

相原中関口美桜さん

100mH 大会新で全中へ

7月19日号

全宅連会長に就任

地元不動産会社社長坂本久氏

全宅連会長に就任

7月19日号

「更なる発展」願い40年

城山商工会青年部

「更なる発展」願い40年

7月12日号

「住みよい町」進めた半世紀

相模原市自治会連合会

「住みよい町」進めた半世紀

7月5日号

カヌー世界大会に挑む

川尻出身2選手

カヌー世界大会に挑む

7月5日号

課題残るも「技術的に可能」

JR横浜線連続立体交差

課題残るも「技術的に可能」

6月28日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク