さがみはら緑区版 掲載号:2018年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

川尻出身2選手 カヌー世界大会に挑む 三ヶ木から日本代表に

スポーツ

道志川に設営されたコースで練習に励む選手たち。左から3番目が小島大地さん、4番目が斎藤康祐さん=6月29日
道志川に設営されたコースで練習に励む選手たち。左から3番目が小島大地さん、4番目が斎藤康祐さん=6月29日
 7月17日から22日にかけてイタリアのイブレアで開催される「2018ICFカヌースラロームジュニア&U23世界選手権」の、U23の部に川尻出身の小島大地さん(22)=三重県体育協会=が、ジュニアの部に川尻在住の斎藤康祐さん(16)=相模原市カヌー協会、橋本高校2年=が、日本代表としてそれぞれ出場する。道志川の三ヶ木地域に整備された、地元のカヌーコースを拠点に練習に励んできた2人が揃って世界の舞台を踏む。

 両選手が出場する「スラローム」は、250m〜400mの急流に設置された18〜25個のゲートを決められた順序で通過し、その技術と所要時間を競うもの。「カヤック(K)」「カナディアン(C)」の2種類があり、2人が出るのはカヤック。

 小島さんは、4月に代表選考会と日本選手権を兼ねて富山県で行われたNHK杯全日本競技大会で、23歳以下のトップとなった。また、斎藤さんは昨年10月に岐阜県で行われた全日本ジュニア選手権大会で優勝し、出場権を獲得していた。世界選手権へは小島さんが高校時代にジュニアに、一昨年U23に出場。斎藤さんは昨年ジュニアに出場している。

 2020年東京五輪出場を見すえ、小島さんは「今年、来年の国際レースが勝負どころ」と位置づける。斎藤さんも「今夏にどれだけ自分を追い込めるか」と、ともに今大会にかける思いは強い。前回出場時は2人とも予選敗退。小島さんが「前回(2年前)は悔しい思いをした。予選通過は最低ライン」と話すと、斎藤さんは「(初出場だった)昨年は右も左もわからないまま負けてしまった。今年は決勝に残りたい」と意気込みを語った。

小島大地さん
小島大地さん
斎藤康祐さん
斎藤康祐さん

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

100mH 大会新で全中へ

相原中関口美桜さん

100mH 大会新で全中へ

7月19日号

全宅連会長に就任

地元不動産会社社長坂本久氏

全宅連会長に就任

7月19日号

「更なる発展」願い40年

城山商工会青年部

「更なる発展」願い40年

7月12日号

「住みよい町」進めた半世紀

相模原市自治会連合会

「住みよい町」進めた半世紀

7月5日号

課題残るも「技術的に可能」

JR横浜線連続立体交差

課題残るも「技術的に可能」

6月28日号

公立の星、県2位で全国へ

相原高校女子卓球部

公立の星、県2位で全国へ

6月28日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク