さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

城山商工会青年部 「平成」の小倉橋写真を募る 城山の観光客増加に期待

経済

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
幻想的な小倉橋のライトアップ(上)、昭和63年頃の小倉橋(下)
幻想的な小倉橋のライトアップ(上)、昭和63年頃の小倉橋(下)

 城山商工会青年部(天野隆裕部長)が平成の時代を通して続けてきた小倉橋ライトアップ。令和に変わったのを契機に、ライトアップ期間だけに撮影された写真を対象にしてきた「小倉橋フォトコンテスト」について、今年は平成全ての期間で撮られた写真を対象に開催する。「平成の小倉橋を写真で振り返って活用し、城山のPRにつなげたい」と話す。

 1938年に架設した「小倉橋」。その後、老朽化と交通渋滞の緩和対策として2004年、約100m上流に「新小倉橋」が開通した。現在では、両橋ともアーチ形状の壮麗さから小倉の親子橋として、城山を代表する観光名所となっている。

 この貴重な名所を守っていこうと、城山商工会青年部は「多くの人に城山に訪れて欲しい」との思いを込め、1988年(昭和63年)から、夏休みの時期に小倉橋のライトアップを実施。現在では小倉橋、新小倉橋を青と緑に照らし、その幻想的な姿は、多くの人の目をひきつけている。さらに、新小倉橋が完成した04年からは、ライトアップの時期を対象にしたフォトコンテストを行い、これまで15回の開催で、のべ654人から1091枚の作品を集めている。

 そうした中、「ライトアップは、ほぼ平成とともに歩んできた。新元号となった今年、平成の小倉橋を振り返る企画を」との声が会員からあがり、ライトアップ期間だけでなく、平成の31年間を対象にした「フォトコンテスト」を実施することを決定した。「新小倉橋がなかった時期のものや小倉橋灯ろう流しなど、多くの写真が集まって欲しい」と同青年部は期待する。

 テーマは「四季折々の小倉橋。平成の31年間を振り返ろう」。題材は平成元年から令和元年9月6日(日)までの小倉橋や新小倉橋を写したLサイズ以上でプリントした作品。裏に題名、撮影年月日、住所、氏名、年齢、電話番号、職業を記入した応募票(自作可)を貼り、城山商工会まで郵送か持参を。集まった写真は、アリオ橋本、もみじホール城山、緑区役所など市内各所で展示するほか、カレンダー、ユーチューブ「しろやまTV」などの中で有効活用していく予定。天野部長は「地域振興や環境問題を念頭に活動をしている。この美しい自然環境を次世代に残すため、現地へ足を運んでもらい、興味を持っていただきたい」と話す。

 応募締め切りは9月6日まで、応募方法など詳細は城山商工会【電話】042・782・3338へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

オリ・パラ  準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 政治

1月9日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

「また淵野辺でパレードを」

青山学院大学

「また淵野辺でパレードを」 スポーツ

V奪還へ 原監督「期待だけ」

1月1日号

協働でSDGsを推進

津久井JCと相模原市

協働でSDGsを推進 政治

「循環型社会実現へ」宣言

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク