さがみはら緑区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

自転車ロードレース 「五輪レベル」の戦いに注目 7月21日 テストイベント

スポーツ

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
市役所ロビーで競技を紹介するパンフレットを手にする市職員。その後ろにはPRパネルが設置され、その横で動画が放映されている
市役所ロビーで競技を紹介するパンフレットを手にする市職員。その後ろにはPRパネルが設置され、その横で動画が放映されている

 市内がコースの一部となっている2020年東京オリンピック競技大会自転車ロードレース競技のテストイベント「READY STEADY TOKYO─自転車ロード」が7月21日(日)に開催される。五輪本番と同じく各国代表レベルの選手が市内に集結する予定で、市ではPRに力を入れている。

 テストイベントは、武蔵野の森公園(東京都)から多摩市、町田市などを通り市内緑区を抜け、ゴールの富士スピードウェイ(静岡県)を目指す約190Kmのコースで実施。富士山麓方面を一部省略する以外は本番と同じルートを使用する。参加国は6月下旬に決まる予定だが、最大24カ国120人が出場。各国代表レベルが集う大会となる予定。実施は男子のみ。

 スタートは正午。市内には午後1時前後に到達すると見込まれる。市オリンピック・パラリンピック推進課では、「都内から続く市街地のコースが、小倉橋を境に山間地に入っていくところは、全体の一つのポイント」と説明。また、「車輪の音も聞こえるぐらいに目の前を選手が走り抜ける。普段使っている道が会場となるので、自分たちも選手と同じ道を走れる」と競技の醍醐味を語る。

 現在、市はパンフレット、動画(【URL】http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/channel/1012225/1016365.htmlで閲覧可能)など様々な方法で機運の醸成を図っている。

 一方、市民の動きも活発化している。市が募集したコースサポーターは定員の700人に達した。また、市が2月に実施した動画撮影をきっかけに、市民組織「2020応援サポーターズ」(八木健芳代表)が発足したのをはじめ、奉仕団体「相模原橋本ロータリークラブ」(奥田経男会長)は、橋本商店街と相原二本松商店街に対し、大会をPRするのぼり旗を約40本ずつ寄贈する企画を進める。

当日、交通規制に注意

 コースやその周辺の一部道路は車両(自転車など含む)、歩行者の通行が禁止される。市は5月に、交通規制などについて沿道住民や事業者に対し4カ所で説明会を実施した。交通規制の詳細は五輪組織委員会のHP(【URL】https://tokyo2020.org/jp/other/20190530-01.html)で公表されている。大会の詳細は同課【電話】042・851・3248へ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市民向け初の運転体験会

鉄道模型サークル

市民向け初の運転体験会 文化

Nゲージの楽しさを周知

10月17日号

台風19号 市内でも猛威

台風19号 市内でも猛威 社会

緑区で死者 緊急放流も

10月17日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

元世界王者にTKO勝ち

プロボクサー中谷潤人選手

元世界王者にTKO勝ち スポーツ

タイトルへ 「前哨戦」を圧倒

10月10日号

市民反対受け撤回へ

「冒険の森」に駐車場拡張

市民反対受け撤回へ 社会

代替地目途も一因か

10月3日号

商品化で普及に一役

津久井在来大豆

商品化で普及に一役 経済

商工会女性部が新委員会

10月3日号

同性カップル公的承認へ

相模原市

同性カップル公的承認へ 社会

パートナー制度、意見募集

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク