さがみはら緑区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

東京2020オリンピック 相模原市に聖火来る 橋本公園でセレモニーも

スポーツ

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
声援を受け、相模湖漕艇場を出発する聖火。先頭が井草さん=1964年10月8日 井草さん提供
声援を受け、相模湖漕艇場を出発する聖火。先頭が井草さん=1964年10月8日 井草さん提供

 2020年東京オリンピック競技大会の聖火リレーのルート概要が6月1日、大会組織委員会から発表された。3日間にわたり県内を巡るトーチは、2日目に橋本公園(西橋本)に到着する。1964年東京大会では当時の藤野町、相模湖町がルートに含まれていた。17日(月)からは、聖火ランナーの公募が始まる。

 聖火は20年3月にギリシャを出発し、福島県からリレーがスタートする。神奈川県は43番目に通過する都道府県で、山梨県の富士吉田市から引き継がれた聖火が6月29日に箱根町に到着する。

 相模原市に聖火が到着するのは、県内を巡る2日目。三浦市、横須賀市、鎌倉市、海老名市、厚木市を経て、橋本公園で各日の最終ランナーの到着を祝うセレブレーションが実施される予定だ。

 前回の東京大会では国内で分火した聖火を4つのコースでリレーし、東京都を目指していた。神奈川県は2つのコースが通過。寸沢嵐在住の井草浩さん(74)は、相模湖町役場に勤めていた当時、山梨県から来た第1コースで県立相模湖漕艇場から小原宿本陣まで聖火ランナーを務めた。白バイに先導された井草さんの後ろには、予備のトーチを持った2人の副走者と20人の随走者が続いた。トーチを持つ腕が下がらないよう注意しながら、約2Kmを完走。「大役を果たせてほっとした」と振り返り、「今回の聖火ランナーにもぜひ応募したい」と笑顔で話した。

 南区新戸在住の中村幸一さん(72)は当時、相原高校の3年生。静岡県から来た第2コースの聖火を藤沢駅から戸塚区内までつないだ。トーチの火が頭に付かないように少し傾けながら走った。中村さんは、「まさか人生で五輪を2度も見られるとは思っていなかった。前回は国立で観戦したが今回はゆっくりテレビでみたい」と話した。

 井草さん、中村さんは共に「聖火が来る当日は橋本公園で見届けたい」と話している。

 聖火ランナーの募集は6月17日から順次開始される。協賛企業4社と県実行委員会が参加枠を設けており、8月末まで各募集先に1回ずつ応募できる。参加資格は08年4月1日以前に生まれ、応募先の都道府県にゆかりがある人。1人の走行距離は約200m。問合せは市オリンピック・パラリンピック推進課【電話】042・851・3248へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

オリ・パラ  準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 政治

1月9日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

「また淵野辺でパレードを」

青山学院大学

「また淵野辺でパレードを」 スポーツ

V奪還へ 原監督「期待だけ」

1月1日号

協働でSDGsを推進

津久井JCと相模原市

協働でSDGsを推進 政治

「循環型社会実現へ」宣言

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク