さがみはら緑区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

重工、13年ぶりTL参戦 花園でドコモと初陣

スポーツ

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena
今季、トップリーグでの活躍が期待されるマイケル・リトル選手(右)
今季、トップリーグでの活躍が期待されるマイケル・リトル選手(右)

 ラグビートップリーグ(TL)が1月12日(日)に開幕し、13年ぶりのTL参戦となる地元・三菱重工相模原ダイナボアーズは初戦でNTTドコモレッドハリケーンズと激突する。花園ラグビー場(東大阪市)で午後2時キックオフ。両者は一昨年のTL入替戦で昇格を果たしたチーム同士だが、新戦力の加入によりチーム全体の底上げを果たした重工にとっては今後のリーグ戦の行方を占う意味でも大事な一戦になりそうだ。

 今季の重工の陣容は、土佐誠選手がキャプテンを継続して務めるほか、BK(バックス)の要でチームの支柱的存在であるマイケル・リトル選手も残留するなどチームの骨格を維持。その上で、新戦力としてイングランドリーグでプレーしたSO(スタンドオフ)のジェームス・ウィルソン選手をはじめ、日本代表選出18回を誇るPR(プロップ)の川俣直樹選手が豊田自動織機から移籍するなどFW(フォワード)、BKともに底上げを進め、既存選手との融合によるチーム強化を図ってきた。昇格に導いたグレック・クーパーHC(ヘッドコーチ)も今年で就任3年目を迎え、選手・スタッフともに万全の体制でリーグ戦に臨む。

 重工のTL参戦により、地元ファンも楽しみが増える。18日(土)の第2節では、町田市を本拠地とするキヤノンイーグルスとの「相武ダービー」が秩父宮ラグビー場で行われるほか、25日(土)には市内初のTLホーム戦としてパナソニックワイルドナイツを相模原ギオンスタジアムに迎え撃つ。キヤノンには日本代表の田村優選手、パナソニックには同じく堀江翔太選手らが所属するなど昨年のW杯で活躍したトップレベルの選手を間近に見ることができる。開幕を前に土佐主将は、「チャレンジャーとして全力で戦いますので、応援よろしくお願いします」と話し、意気込みを見せた。

 13年ぶりの思いを乗せ、重工が地元ファンにどんな戦いを見せてくれるのか。今から目が離せない。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

演奏動画を無料配信

相模湖交流センター

演奏動画を無料配信 文化

「音楽家の思いを知って」

7月2日号

開発のコンセプト策定

相模原駅北口まちづくり

開発のコンセプト策定 社会

にぎわい、魅力創出に重点

7月2日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て開幕へ

6月25日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

座間さんが大臣賞を受賞

消費者支援功労者表彰

座間さんが大臣賞を受賞 社会

市内初 37年間の活動評価

6月18日号

地域を花で元気に

津久井商工会青年部

地域を花で元気に 経済

「けいとう」6千軒に配布

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク