さがみはら緑区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

SC相模原 悲願のJ2 最終節で昇格争い制す

スポーツ

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
昇格を祝いサポーターと記念撮影するSCの選手ら=SC相模原提供
昇格を祝いサポーターと記念撮影するSCの選手ら=SC相模原提供

 地元サッカークラブ・SC相模原の2021シーズンは、J2リーグが舞台になる--。SCは昨年12月20日のJ3最終節でFC今治を2対1で破り、最後までもつれたJ2昇格争いを制して逆転昇格を果たした。

 SCがJ2に昇格するためには勝利が絶対条件で、さらにAC長野パルセイロが引分け以下になる必要があった。可能性のあった長野とFC岐阜が敗れたため、3位だったSCが2位に浮上。

 雌雄を決する大事な今治戦にはアウェイの試合ながら相模原からも多くのサポーターが応援にかけつけた。SCは前半16分にFWホムロが先制点をあげる。後半が始まるとすぐにチャンスを作ったSCはMF梅鉢貴秀がミドルシュートで追加点を奪いリードを広げる。

 後半19分に1点を返されると、勝たなければならないSCは懸命に相手の攻撃を耐えしのぐ。アディショナルタイムは6分。度重なる猛攻を必死に食い止め、その先に歓喜の勝利が待っていた。終了直後、長野の敗戦を耳にした三浦文丈監督や選手らはグラウンドで抱き合い喜びを爆発させた。選手、サポーターが一体となってつかんだ悲願の昇格だった。

19戦無敗の粘り

 三浦体制2季目のSCは34試合を戦い、16勝13分5敗で勝ち点61。最終節までは19試合無敗と最後まで粘りを見せた。三浦監督は「最後の最後まで諦めないで戦い続けたことで、J2昇格を味わうことができて本当に嬉しい」と喜びを表した。富澤清太郎主将は「J3で共に戦ってきた選手の思いを絶対に忘れない。彼らの思いを背負い、新たなステージに挑戦したい」と語った。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

25年義務教育学校へ

新校は既存校舎を増改築

25年義務教育学校へ 教育

2月25日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

3.7千万円の「恩返し」

緑区地域医療を支える会

3.7千万円の「恩返し」 社会

コロナ奮闘 協同病院へ寄付

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

特製マンホール蓋を設置

「はやぶさ2」関連事業

特製マンホール蓋を設置 社会

カプセル帰還成功を記念

2月11日号

気候研究で環境大臣賞

ふじの里山くらぶ

気候研究で環境大臣賞 文化

5年間の活動が評価

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク