ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > セキュリティー4Aが受賞

厚木

安全・安心まちづくり奨励賞

セキュリティー4Aが受賞

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
実演で使うガラス窓を見せる柿岡理事長
実演で使うガラス窓を見せる柿岡理事長

 厚木市などで活動する防犯ボランティア団体「セキュリティー4A」(柿岡守一理事長)が、県の「犯罪のない安全・安心まちづくり奨励賞」を受賞。9日に県庁で表彰式が行われた。

 同賞は県の「犯罪のない安全・安心まちづくり推進条例」に基づき、実践的な活動を行い地域社会への貢献度が高い個人・団体を表彰するもの。セキュリティー4Aは市内の建築関係企業やメーカーが2005年に設立。防犯講演活動などが評価された。

 理事長の柿岡さんは市内で窓ガラス会社を経営。地域の空き巣や窃盗の数が増える中「防犯意識の高揚に何かできないか」と考えた結果、ボランティア団体として泥棒の手口を模型で実演することを考案。犯罪手口を見せるため、警察などの協力の下、防犯団体に限定して講座を行ってきた。

 「割ったガラスは500枚以上」と柿岡さん。地域の犯罪認知件数も、設立当初をピークに減少傾向だという。「受賞はうれしいが通過点。これからも活動を続けたい」と力強く話した。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原