厚木版 掲載号:2012年2月3日号

文化財保護デーに消防訓練 社会

放水までの作業手順を確認

実際に放水活動を実施
実際に放水活動を実施

 厚木市は1月26日、「文化財防火デー(1月26日)」にあわせ、市内上荻野になる荻野神社で消防訓練を行った。これは、市指定有形文化財などで火災が発生した際、迅速かつ円滑に消火活動ができるようにと市が毎年実施しているもの。

 訓練当日は、飯島悟市消防長や市消防職員、同神社の氏子25人が参加。同神社からの出火想定のもと、通報から初期消火、避難誘導、建物への放水活動まで、いざというときに必要となる文化財消火までの一連の作業を確認した。

 市教育委員会文化財保護課の武内啓悟さんは「活動を通し、地域で文化財を守っていこうというきっかけが作ることができれば良いと思っています」と話した。

 「文化財保護デー」は、文化財を災害から守ることと、文化財への愛護思想の高揚を目的に1955年に制定されたもの。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

神奈川中央病院

認知症治療病院 外来診療受付中

https://kanagawachuo-hospital.com/

厚木市プレミアム付商品券 

厚木市プレミアム付商品券、使用可能店舗を募集。申込期限は7月31日(水)まで

http://premium-gift.jp/atsugi/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク