厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年11月11日号 エリアトップへ

防災無線が機械音声に 11月1日から本格開始

政治

掲載号:2016年11月11日号

  • LINE
  • hatena
防災無線のスピーカー(写真は睦合南公民館から)
防災無線のスピーカー(写真は睦合南公民館から)

 厚木市では素早さと聞き取りやすさの向上を目的に、防災行政無線放送を11月1日から機械による合成音声に変更した。

 これまでは平日は市危機管理課、土日祝日は厚木市消防の職員が録音した音声を流していた。しかし人の声では声量や聞き取りやすさに差が生じてしまうため、機械音声システムの導入を決定。10月から試験放送を行ってきた。変更に伴う費用は8586万円。

 同課によれば、今のところ市には「聞きやすくなった」「合成音声が不自然」など賛否それぞれの意見が寄せられているという。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

気持ちをひとつに支援を届けていく

ごちゃまぜフェス

ごちゃまぜフェス 社会

アミューあつぎで15日まで

8月12日号

息ぴったり囃子が復活

地球温暖化の専門家語る

地球温暖化の専門家語る 社会

20日(土) 厚木市文化会館

8月12日号

信念をもって奉仕活動

「ハラスメント対策」を学ぶ

厚木商工会議所・エキスパート情報部会

「ハラスメント対策」を学ぶ 経済

8月26日 午後3時半〜午後5時

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook