厚木版 掲載号:2016年11月11日号
  • googleplus
  • LINE

防災無線が機械音声に 11月1日から本格開始

政治

防災無線のスピーカー(写真は睦合南公民館から)
防災無線のスピーカー(写真は睦合南公民館から)
 厚木市では素早さと聞き取りやすさの向上を目的に、防災行政無線放送を11月1日から機械による合成音声に変更した。

 これまでは平日は市危機管理課、土日祝日は厚木市消防の職員が録音した音声を流していた。しかし人の声では声量や聞き取りやすさに差が生じてしまうため、機械音声システムの導入を決定。10月から試験放送を行ってきた。変更に伴う費用は8586万円。

 同課によれば、今のところ市には「聞きやすくなった」「合成音声が不自然」など賛否それぞれの意見が寄せられているという。

厚木版のローカルニュース最新6件

レンブラントホテル厚木

神奈川県厚木市中町2-13-1 046-221-0001

https://rembrandt-group.com/atsugi

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

帰ってきたあつお展

帰ってきたあつお展

あつぎロードギャラリー

8月17日~9月19日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク