厚木版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

「地産の花に親しんで」 花き温室部会がアレンジ教室

文化

生産者がアドバイス
生産者がアドバイス

 花の生産者17人で構成される厚木市園芸協会花き温室部会(内田博夫部会長)が3月15日、アミューあつぎで厚木市内産の鉢花を使ったフラワーアレンジ教室を開催した。

 当日は市内から約40人が参加。カーネーションやペチュニア、ロベリアを壁掛けのフラワーバスケットに寄せ植えた。根についた土をほぐして差し込む作業に苦戦しながらも、笑顔の絶えない和やかな雰囲気の中、次々と完成。参加者は作品を愛で、「長持ちさせるにはどうすれば」などと生産者と会話を交わしていた。

あゆコロフラワーも

 同日、同部会が、あゆコロちゃんを模したもの=写真下=など、バラやカーネーションなどで作ったアレンジメントを市に贈呈。内田部会長らは「地元産の花に親しんでほしい。新種も取り入れて、良いものを作っていきたい」と小林常良市長に手渡した。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク