厚木版 掲載号:2018年8月17日号
  • LINE
  • hatena

壁埋めるメッセージ じょ里ぃで移転前に「落書き」

社会

メッセージで埋まりつつある店内の壁。「まだまだ余白はあります」とのこと
メッセージで埋まりつつある店内の壁。「まだまだ余白はあります」とのこと
 1987年3月19日、本厚木駅南口にオープンした西洋懐石じょ里ぃが、9月13日(木)夜の営業をもって現在の場所から徒歩1分に移転する。同店では、店の壁へメッセージを寄せてくれるよう、来店客に呼びかけている。

 8月、大学在学中の4年間アルバイトをしていた長尾謙介さん(岡田・29)がペンを持ち壁に向かっていた。岡山県出身で、進学にあたり厚木に引っ越すと同時に始めたホールスタッフのアルバイト。週5〜6日の勤務で「目上の人と接することが多く、社会人の基礎を教えてもらいました」と振り返る。卒業後も半年に1度ほど食事に訪れている長尾さん。「淋しさ半分、楽しみ半分です」とペンを置いた。

 安藤裕里オーナーは、「この舞台がなければ自分たちは楽しく働けなかった。31年分の感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまからもぜひメッセージをお寄せください」と話している。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

聖夜の映画会

聖夜の映画会

市立中央図書館

12月25日~12月25日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク