厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

会長に聞く 進化する看護師の働き方 厚木地区看護部長会 会長 伊藤玲子さん

社会

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
看護部長会のメンバー(昨年秋の相談会場で)
看護部長会のメンバー(昨年秋の相談会場で)

 ▽厚木地区看護部長会は、厚木市・愛川町・清川村の13病院の看護職のトップを務める人と厚木看護専門学校の校長ら15人で組織される「看護師のスペシャリスト」組織。2007年に地域連携協働や地区内の看護師増員対策、看護や医療の資質向上、地域貢献活動などを目的に発足。昨年4月に会長に就任した伊藤さんに話を聞いた。

 ▽深刻な看護師不足が叫ばれるいま、同会は「看護師増員対策」として、年2回、合同就職相談会を開催している。人材募集の専門家に依頼するのではなく、現場の生の声を伝えたいと自らの手で相談会を企画し、当日は来場者の相談に応じている。「病院の規模でなく、自分の家庭環境や希望する働き方に合った職場を探せます」と伊藤さん。看護師をめざす人には奨学金制度を導入している病院がある。また、病院内に保育所を併設しているところや子育て支援が充実しているところも多い。採用方法も多種多様で時短勤務で働く人も多く、最近は男性の看護師も増えているという。

 ▽看護師の働き方は日々進化している――。「魅力ある仕事だけれどキツイし大変」というイメージは過去のものだ。働く場所も、病院だけでなく福祉施設や在宅医療など、めざす看護や家庭環境に合わせて選ぶことができるのだ。生涯にわたり、その資格を活かせる看護師の仕事。「喜びの場面だけではないけれど、人の人生のひとこまに関われ、社会に求められている本当に魅力ある仕事です」と伊藤さん。

 ▽次回の合同就職相談会は3月3日(日)。午前10時〜午後3時。入場・相談無料。会場はアミューあつぎ6階の市民交流プラザ。市内13病院が個別ブースを開設するほか、厚木看護専門学校と神奈川工科大学看護学部、松蔭大学看護学部の3つの学校も特設ブースを開設し、進学相談にも応じる。子連れ来場可。問合せは同会の三崎さん(【電話】046・284・2121/愛川北部病院)まで。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

拉致問題を知って

拉致問題を知って 社会

清川で16日に映画会

11月15日号

福を呼び込め

福を呼び込め 文化

大鷲神社で酉の市

11月15日号

東邦興産が銅賞

東邦興産が銅賞 社会

交通事故防止に貢献

11月15日号

町長が直接メッセージ

町長が直接メッセージ 教育

愛川東中で特別授業

11月15日号

アミューでがんサロン

アミューでがんサロン 社会

11月17日 ティールボンボン

11月15日号

障がい者が公園清掃

障がい者が公園清掃 社会

「可能性を広げられれば」

11月15日号

最期まで自分らしく

最期まで自分らしく 社会

11月22日に講演会

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク