神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2016年9月30日 エリアトップへ

10月2日に開催する「いろんな子どもと家族のお祭り」実行委員長を務める 高橋 嘉誉(かよ)さん 長沢在住

公開:2016年9月30日

  • LINE
  • hatena

地域の支えが原動力

 ○…障害の有無を問わず、多世代の人が集まる場に、ちょっとした支援と配慮があれば、楽しい空間になるはず―。今年2回目となる「いろんな子どもと家族のお祭り」は、そんな想いを形にしたイベントだ。

 ○…仕事でキャリアを重ね、授かった待望の長女。想像していた子育てとは遠い場所にいた。激しく泣き続け、重度の知的障害と自閉症と診断を受けた。周囲に迷惑をかけていないか「ずっとびくびくしていて、逃げたいと思ったこともあった」と当時の葛藤を振り返る。娘と共に前に進むためにできることは何か―。そんな時、家庭での「療育」という手法に出会った。「教育で子どもの可能性は変えられる。私もこの場で生きていていいんだ」。野比にある特別支援学校に入るため横浜から居を移すと、少しずつ絡まった糸が解けていくような気がした。達成感が得られず、苦しんでいた心が穏やかになった。

 ○…自身の経験と学びを還元する場として、「トータスキッズ」を立ち上げた。「陸がめの歩みはゆっくりだけど着実に前に進んでいるから」。家庭療育の相談や個別指導のほか、力を入れるのは家族を支える土壌を作ること。自閉症や発達障害の子どもを持つ「ママパパ交流会」は、民生委員や児童委員など地域の力も借りる。「子どもと家族のお祭り」も市のジュニアリーダーらがサポート。自閉の子と、どのように接すればいいのか「自ら考えてくれるのが嬉しい」。多世代が横断して支援できれば、「みんなが生きやすい地域になるはず」と期待を込める。

 ○…ハキハキと受け応える芯の強さを見せる一方で、「”ねばならない”という気持ちがなくなった」と微笑む。長女の送り迎えで車を走らせていた毎日。朝の時間を穏やかにしてくれたのが、野比海岸の眺め。「周囲の人たちの心遣いと、横須賀の大らかな雰囲気が支え」。この街での暮らしが、家族の幸せにつながっていると感じている。

横須賀版の人物風土記最新6

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

鶴 ジュンさん

長井の活性化イベント「浜と丘とマーケット」を主催する

鶴 ジュンさん

長井在住 54歳

4月26日

三木 真理子さん

「関根川〜相模湾海中 水の輪つなぎ活動:chotto」の代表を務める

三木 真理子さん

秋谷在住 

4月19日

今野 睦夫さん

横須賀市ラジオ体操連盟を設立し、会長に就任した

今野 睦夫さん

二葉在住 82歳

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook