横須賀版 掲載号:2018年4月6日号
  • googleplus
  • LINE

小出版社「サンズイ舎」を主宰、横須賀ブックミュージアムを企画した モリ ナヲ弥さん 湘南鷹取在住 34歳

文化を”混ぜる”発信基地に

 ○…古本を各々一箱分持ち寄る、ブックマーケット。「地元で開催できないか」と博物館の学芸員に相談したのが昨年秋ごろ。周囲に声を掛け始めると、盛り上げようと輪が広がった。テーマは本と博物。地域の特徴も全面に押し出した。

 ○…横須賀生まれ、金沢区育ち。中高生の間は、演劇や吹奏楽に没頭。歴史好きが高じて、芸術家の人物史を掘り下げて学びたい―と進学したのが美大の芸術学科だった。”創る人”の近くで刺激を受けた学生時代。展覧会の講評を文に連ねて評価しあう研究サークルに入り「編集思想や文体など書き方を鍛えられた」

 ○…就職してしばらく経ち、「手持ちのカードを使いきった感覚があった」。仕事に行き詰まり、美大仲間と気分転換に訪れたのが海。その様子を新聞にまとめていたことを機に、「サンズイ舎」と名付けたリトルプレス(小出版社)を立ち上げた。「足元を見たら自然がたくさんあった」。潮の満ち引きや季節の移ろいなど、美術の視点で捉えると新たな面白さが浮かび上がった。雑誌タイトルは、ベラ科の魚から「キュウセン」。約30ページの構成にイラスト、写真、立体造形などは美大仲間に依頼して作り込んだ。「水辺の文化を綴る」と題して、年1冊のペースでこれまで3号を上梓。「取材から人が繋がって新たなテーマが見える。三浦半島は、そんな素材に溢れている街」

 ○…「文化はミルフィーユ」。ある時投げかけられた言葉が印象深く心にある。文系・芸術系の自分が今、「海洋博物」の雑誌作りを楽しんでいる。地域にある多様なカルチャーを”混ぜる”のもブックミュージアムの意図するところ。「本を介して、理系と文系を自由に行き来できる場に」。次の一歩の繋がりに期待を膨らませた。

<PR>

横須賀版の人物風土記最新6件

西川 郷子さん

トリオバンド「星ノ飛ブ夜」で活動中。「上々颱風」のボーカリストでもある

西川 郷子さん

4月20日号

奈良橋 (ならはし) 健さん

渋谷ヒカリエで催される「東京カメラ部2018写真展」の作品に選ばれた

奈良橋 (ならはし) 健さん

4月13日号

小松 惠美子さん

障害者交流グループ「モモの会」の代表を30年間務めてきた

小松 惠美子さん

3月23日号

長谷川 篤さん

プロウインドサーファーでNPO法人「津久井浜マリンスポーツ連盟」の中心メンバー

長谷川 篤さん

3月16日号

眞田 雅浩さん

北下浦地域で統一ブランド商品「横須賀ウインドブルー」の展開に力を入れる

眞田 雅浩さん

3月9日号

花形 みつるさん

県立横須賀高校ラグビー部への取材をもとに小説を出版した

花形 みつるさん

3月2日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

走水&猿島 Wツアー

走水&猿島 Wツアー

国指定史跡の砲台跡巡る

4月28日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク