横須賀版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

日本を代表する解剖学者でアナトミーアート手掛けるアーティスト 横地 千仭(よこち ちひろ)さん 神奈川歯科大学名誉教授 99歳

生も死もユーモラスに

 ○…煙草をくゆらせる人の顔の造形物。首元には死者の使いであるアマガエルがその様子をじっと眺めている。2カ月前に完成させたという新作アートを「たばこ 社会に損出2兆円 医療・介護費や火災」のタイトルの新聞記事と一緒に並べて説明をはじめたら止まらない。「作品名は『ケラケラ』。煙草は健康面だけでなく、社会全体に様々な影響を与えることを風刺した。禁煙の啓発に使えないかな」。10月で100歳を迎えるアーティスト。創作意欲は衰えない。

 ○…半世紀以上にわたって人体を研究してきた解剖学の権威だ。世界23カ国語に翻訳された著者「解剖学カラーアトラス」は国内で10万部、世界で300万部以上が発行されるなど医療界のバイブルとなっている。神奈川歯科大学の資料館には自身の研究成果である実物の人体標本の展示室があり、後進の医療従事者の育成に大きな貢献を果たしている。

 ○…医師として現役を退いてからは解剖学の視点や要素を取り入れた芸術「アナトミーアート」に精力を注いできた。ユニークかつオリジナリティーにあふれる着眼点が独特。「口からトランプを出している骸骨」「頭蓋骨に描かれた世界地図」など一見、不謹慎にも思えるが、「生と死は表裏一体。生をユーモラスに語るのであれば、死もユーモラスに語ることができる」という独自の死生観が主題となっている。

 ○…本や新聞を毎日手に取り、常に興味関心のアンテナを張っている。東京五輪の正式種目となったボルダリング。突起物に手を掛けながら頂点をめざすこのスポーツが人の一生に重なって見えたという。着想はふとした日常の場面から。「立っている足元は99歳。今100歳に手をかけている」。自分をモチーフにした作品はもうすぐ完成する。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

杉本 與七(よしち)さん

昨年の富士山開山期の最高齢登頂者になった

杉本 與七(よしち)さん

2月22日号

寺坂 浩一さん

声優・朗読家として市内で「大人のための朗読会」を開催する

寺坂 浩一さん

2月15日号

中村 優仁さん

初の全国大会出場を決めた武山ミニバスケットボールクラブを指揮する

中村 優仁さん

2月8日号

小堀 聡さん

京浜急行沿線のまちづくりに焦点をあてた「京急沿線の近現代史」を刊行した

小堀 聡さん

2月1日号

鈴木 茂也さん

NPO法人三浦半島生物多様性保全の理事で、「ミゾゴイ」の冊子を手掛けた

鈴木 茂也さん

1月25日号

一之瀬 幸生さん

パパママ支援団体「よこすかYOU+」代表を務める

一之瀬 幸生さん

1月18日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

飛び出す世界の街並み

飛び出す世界の街並み

さいか屋で3Dアート展

3月13日~3月19日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク