横須賀版 掲載号:2018年9月14日号
  • googleplus
  • LINE

日本を代表する解剖学者でアナトミーアート手掛けるアーティスト 横地 千仭(よこち ちひろ)さん 神奈川歯科大学名誉教授 99歳

生も死もユーモラスに

 ○…煙草をくゆらせる人の顔の造形物。首元には死者の使いであるアマガエルがその様子をじっと眺めている。2カ月前に完成させたという新作アートを「たばこ 社会に損出2兆円 医療・介護費や火災」のタイトルの新聞記事と一緒に並べて説明をはじめたら止まらない。「作品名は『ケラケラ』。煙草は健康面だけでなく、社会全体に様々な影響を与えることを風刺した。禁煙の啓発に使えないかな」。10月で100歳を迎えるアーティスト。創作意欲は衰えない。

 ○…半世紀以上にわたって人体を研究してきた解剖学の権威だ。世界23カ国語に翻訳された著者「解剖学カラーアトラス」は国内で10万部、世界で300万部以上が発行されるなど医療界のバイブルとなっている。神奈川歯科大学の資料館には自身の研究成果である実物の人体標本の展示室があり、後進の医療従事者の育成に大きな貢献を果たしている。

 ○…医師として現役を退いてからは解剖学の視点や要素を取り入れた芸術「アナトミーアート」に精力を注いできた。ユニークかつオリジナリティーにあふれる着眼点が独特。「口からトランプを出している骸骨」「頭蓋骨に描かれた世界地図」など一見、不謹慎にも思えるが、「生と死は表裏一体。生をユーモラスに語るのであれば、死もユーモラスに語ることができる」という独自の死生観が主題となっている。

 ○…本や新聞を毎日手に取り、常に興味関心のアンテナを張っている。東京五輪の正式種目となったボルダリング。突起物に手を掛けながら頂点をめざすこのスポーツが人の一生に重なって見えたという。着想はふとした日常の場面から。「立っている足元は99歳。今100歳に手をかけている」。自分をモチーフにした作品はもうすぐ完成する。
 

横須賀版の人物風土記最新6件

八島 芳子さん

アームレスリングの世界チャンピオンで連盟の県理事長を務める

八島 芳子さん

9月21日号

玉井 秀直さん

9月15日〜17日に行われる認知症啓発イベント「RUN伴+三浦半島」の実行委員長を務める

玉井 秀直さん

9月7日号

金巻 知里さん

全日本ジュニアテニス選手権の12歳以下女子ダブルスで優勝した

金巻 知里さん

8月31日号

金子 ひとみさん

インターハイ陸上女子4×400mリレーの3走、県高校新記録で優勝した

金子 ひとみさん

8月24日号

松永 知史(ちふみ)さん

ソプラノ歌手で、10日に開催する「みんなで楽しむコンサート」を企画した

松永 知史(ちふみ)さん

8月10日号

今西 沙羅さん

高校文化部の祭典「全国高等学校総合文化祭」に作品が展示される

今西 沙羅さん

8月3日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

圧巻のステージドリル

圧巻のステージドリル

消防音楽隊の定期演奏会

10月14日~10月14日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク