横須賀版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

スカジャン絵師として活動しながら魅力発信と文化継承に取り組む 横地 広海知さん 大滝町在住 38歳

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

「スカジャン」背景こそ魅力

 ○…横須賀発祥のファッション「スカジャン」の文化継承を自任する。デジタル技術を駆使して新テイストの刺繍柄を描く”スカジャン絵師”として活動。先ごろ発表された還暦ギフトのスカジャン「還ジャン」の開発に参画した。商品の肝となる干支をモチーフにした刺繍柄は、カッコよさとコミカルさを絶妙なバランスで表現、スカジャンの新しい魅力を発信した。

 ○…ドブ板通りにデザイン事務所を構えるクリエイティブディレクター兼プランナー。大学院で心理学を学び、WEB関連会社で経験を積み横須賀に根を下ろして10年になる。「『住まいは何処?』と聞かれて、横須賀って答えたら恰好いい」。幼少期を海外で過ごしていたため外国人が日常に存在する環境が心地よく、自然と都市が近接する唯一無二性にも惹かれた。「でも、その魅力は市外にほとんど伝わっていない」。クリエイションの到達地点は暮らしをつくっていくこと─。大学時代の恩師の言葉を思い出し、地域に目を向けるのようになったのが2年前。軸足を置くドブ板周辺では、ひと際目立つ風貌で存在感を発揮し始めている。

 ○…日本で生まれた唯一の洋服、スカジャンの数奇な生い立ちに興味を持った。古い文献や資料を辿ると刺繍は軍装、革ジャン、ガウン、下着など多岐にわたる。ベースボールジャケット風のジャンパーに刺繍を施し、土産物として大量に流通させたのは後の話だ。市場をつくったドブ板商人のたくましさに感服。「スカジャンはドブ板の戦後史そのもの」

 ○…文化継承には、現代的なアレンジや発想が欠かせない。伝統柄を背負った猫がキャラクターのスカジャン缶バッジを商品化。変化球も繰り出せる。

横須賀版の人物風土記最新6

山本 佳依(かい)さん

男子ソフトボール「U-18」代表メンバーとして今月22日からの世界大会に出場する

山本 佳依(かい)さん

野比在住 18歳

2月21日号

倉本 奈菜さん

「横須賀地域プロデューサー」を名乗り、コミュニティーの活性化に取り組む

倉本 奈菜さん

汐入町在住 24歳

2月14日号

倉田 陽琉(ひかる)さん

写真作品展「『ぼくのKEIKYU』展」を開いている

倉田 陽琉(ひかる)さん

安浦町在住 16歳

1月24日号

森田 佳重(よしえ)さん

母子保健推進会議会長表彰に選ばれた

森田 佳重(よしえ)さん

横須賀市こども健康課勤務 58歳

1月17日号

齋藤 順也さん

(公社)横須賀青年会議所の理事長に就任した

齋藤 順也さん

久里浜在住 39歳

1月10日号

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

仮面ライダーの最新作で、主人公の“ギャグ指導”を担当している芸人

遠藤 雄介さん(芸名:ハッピー遠藤)

野比在住 27歳

12月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク