神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2022年2月11日 エリアトップへ

8弦ギター奏者、ジェンダーレスモデル、アクセサリー作家など多岐に活動する MASAToooN!(マサトゥーン)さん 市内出身

公開:2022年2月11日

  • LINE
  • hatena

みんなの愉しみ 音にのせて

 ○…絵本や映画、ゲームの中から出てきたような立ち振る舞い。観る人、聴く人を『夢の魔法の旅』へと誘う”魔法使い”として人を愉しませることを日夜思索し、形に変える。謎多きその出生は海の街、横須賀。地元・観音崎でのソロライブを控え、「一緒に行う造形作家の高梨工房さん、博物館、そして僕のファンが他の分野にも『好き』を拡げるきっかけになれば」と微笑む。

 ○…両親は横須賀でも名の知れた音楽家で、幼いころから様々な音に触れてきた。ピアノに始まり、ギターに魅せられたのは中学生の頃。羨望の眼差しはヘヴィメタに向いていた。そんな駆け出しから今の自分へと成長していく様を見守ってきた、本町のライブハウス「かぼちゃ屋」の店長、キヨさんを恩人として慕う。バンド活動を経て、「新しいことへの挑戦」として3年ほど前にソロ活動へ転身。それまでの激しいスタイルとは真逆の幻想的な優しい世界観へと転換させた。

 ○…相棒の8弦ギターは扱いが難しい一方で、ベースのような重低音も1本で奏でられる。ソロ活動開始と共にこの豊かな表現力を得た。順調かに思われた活動を突然襲ったのがパンデミック。これまでの活動の在り方が根底から覆された。企画していた全国ツアーも中止となる中、「チャレンジできる環境があるならば、生かさない手はない」と前向きに新たな発信を模索し続けている。

 ○…夢は音楽を奏でながら世界を旅すること、そして後世に継がれる作品を遺すこと。「音楽は国境や言語の壁を越えて通じ合える。自分が好きなことで人に愉しんでもらえる、これが成立するのが芸術」。どんな厳しい状況下でも相手を思いやり、楽しむ心が光となるはずだ。

横須賀版の人物風土記最新6

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

鶴 ジュンさん

長井の活性化イベント「浜と丘とマーケット」を主催する

鶴 ジュンさん

長井在住 54歳

4月26日

三木 真理子さん

「関根川〜相模湾海中 水の輪つなぎ活動:chotto」の代表を務める

三木 真理子さん

秋谷在住 

4月19日

今野 睦夫さん

横須賀市ラジオ体操連盟を設立し、会長に就任した

今野 睦夫さん

二葉在住 82歳

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook