神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2023年5月12日 エリアトップへ

ダンスや音楽、朗読、映画の融合アートイベント「ひとりで進め」を主催する 三浦 桃実(としる)さん 長沢在住 29歳

公開:2023年5月12日

  • LINE
  • hatena

表現の意味を追い求める

 ○…ジャンル横断で表現を通じて市民芸術を高める試みに挑む。舞台上でアーティストたちが独自のパフォーマンスを披露するが、ゴール設定はない。唯一のテーマは、インドの詩人、タゴールの言葉でイベントのタイトルにも選んだ「ひとりで進め」。「独立した表現者がそれぞれ表現したいものに向かって進み、この日の舞台で交錯する」。きらめきの瞬間を客席と共有していく。  

 ○…今回のイベントで手掛けるパートはダンス。主宰する「スタジオ◎きのこ」は、年齢も性別も障がいの有無も垣根なしのグループ。振り付けや表現方法に決まりのないコンテンポラリーダンスを柱に朗読や演劇的要素を組み合わせて「宇宙のファンタジー」と題した舞台を届ける。それぞれの頭の中にある宇宙のイメージは異なる。「他者にはわからない。わかろうとしても到底できないが、伝えないではつまらない。踊ったらわかりあえるかも」。表現の意味をそこに見出す。

 ○…県立保健福祉大で学び、市内の病院に看護師として勤務していたが、ダンスの道を究めたいと一本に絞った。「仕事があってダンスがある生活。サブの活動は永遠にサブでしかない」。職業としてのダンスは覚悟の選択。プロを志願して努力を重ねていたが、障がい者と一緒に踊るイベントに参加したのを機に、「その人らしさを表現できる」ダンスの本質に気が付いた。

 ○…「ひとりで進め」のメンバーの解釈は様々だ。「社会は協力で成り立つが、一人で進まなければならない場面もある」「足だけでなく、心も前を向かなくては前進しない」。意見の一致は求めないが、考え方を知りたい。言葉にできないことは表現で感じ取りたい。ダンスはその手段の一つなのだ。

横須賀版の人物風土記最新6

迫田 義広さん

野球人口拡大に取り組む中学校教諭

迫田 義広さん

追浜東町在住 43歳

6月7日

本多 和彦さん

日本ホタルの会の会長を務める

本多 和彦さん

西浦賀在住 66歳

5月31日

多田 悠紀さん

学生の起業や社会事業などを支援する「よこすかラボ」の中心メンバーである

多田 悠紀さん

公郷町在住 22歳

5月24日

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第3回 駿河台編【1】文・写真 藤野浩章

    6月14日

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第2回 プロローグ(倉渕編【2】)文・写真 藤野浩章

    6月7日

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook