神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2023年6月2日 エリアトップへ

還暦野球チーム「横須賀シニア」の主力選手で川崎市長杯でMVPとなった 高野 浩さん 小原台在住 62歳

公開:2023年6月2日

  • LINE
  • hatena

生活の中心にいつも野球

 ○…強豪として名を馳せる還暦野球チーム期待のルーキーだ。3連覇を飾った川崎市長杯では投打の要として大車輪の活躍を見せ、最優秀選手に選ばれた。「心身ともに最高の状態。まだまだ動ける」。大柄な体躯に日焼けした肌。板についたユニフォーム姿で自身をたぎらせた。

 ○…高校野球で38年間指導者を務めてきた。「甲子園に行こうぜ」と選手らに夢を語り、グラウンドでは率先してバッテイングピッチャーを務め、ノックを打ち続けた。同年代の誰よりも身体が動くのはそのためだ。ベンチから見てきた攻撃、投球、守備の戦術戦略もすべてプレーに役立っている。

 ○…教師時代は熱血指導で生徒と向き合ってきた。この手法が今の時代にそぐわないのは理解しているが、「どこまで登りたいのか。目標をすり合わせて、到達するためのトレーニングを一緒に考えて実行していくのが自分流」という。教え子にはプロ野球に進んだ選手も存在し、慕う人は多いい。

 ○…定年を迎えたのを機に野球の指導者の立場を離れると、人生の目標を見失った。夢中になれるものがない寂しさを感じていた矢先、友人に選手として楽しむ還暦野球に誘われた。「チームの一員となって日本一をめざそう」その言葉で火が付いた。早朝の練習に週末は試合が組まれ、合間の時間でトレーニングに励む。「(指導者として)人を動かすことに比べれば、自分のコントロールはたやすいもの。努力は裏切らない」。相手チームにはかつてプロ野球や社会人野球で名を馳せた選手が紛れ込んでいることもあるが、「今なら勝てる」と感じる場面に遭遇する。自分の力を試せる場所。新しい目標を手に入れた今は毎日が新鮮だ。

横須賀版の人物風土記最新6

杉村 大豪(たいご)さん

市町村の代表選手で競われる「かながわ駅伝」で2区区間賞を獲得した

杉村 大豪(たいご)さん

林在住 15歳

2月23日

伊藤 潤子さん

横須賀の魅力を紹介するWEBマガジン「KNOT(ノット)」を立ち上げた

伊藤 潤子さん

久里浜在住 43歳

2月16日

石川 サユミさん

県の「なでしこブランド」に認定されたプリザーブド墓花を考案・販売する

石川 サユミさん

小川町在住

2月9日

宇内 裕之さん

神奈川県内の建設業関連団体が主催するコンテストで表彰を受けた

宇内 裕之さん

佐原在住 33歳

2月2日

小川 和豊さん

「ど根性ひまわりフェス」の運営中心メンバーとして活動する

小川 和豊さん

平作出身 60歳

1月26日

臼井 伸二さん

私財を投じて児童福祉事業を推進するための基金を創設した

臼井 伸二さん

馬堀海岸在住 69歳

1月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月23日0:00更新

  • 2月16日0:00更新

  • 2月9日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook