神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年3月15日 エリアトップへ

鉄道ファンコミュニティ「よこすか子鉄くらぶ」を主宰する 山田 裕子さん 野比在住 49歳

公開:2024年3月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

子どもの「好き」を肯定する

 ○…鉄道趣味を通じて不登校の親子に居場所を提供したい―。「鉄道好き」をキーワードに市内の不登校児童や、その親が集まるコミュニティとして昨年9月に立ち上げた。小学生以上の鉄道好きが集まる「子鉄部屋」のほか、未就学児を主な対象とした「子鉄のプラレール部屋」を平日日中、それぞれ月2回の頻度で実施。京急線などのNゲージ模型の操作や、車両の写真を用いたオリジナルカードで神経衰弱を楽しむ参加者を「好きなことに没頭できる場を大切にしたい」と温かく見守る。

 ○…活動の契機は4年前、小学6年時に始まった息子の不登校。幼少期からこだわりが強い傾向があり、周りの同級生とは少し違った様子に悩んでいたが、不登校児の保護者の集まりに参加したことで心が楽になった。「親は子育ての悩みを一人で抱えがち。外部との関わりを持つことで救われる人もいるのでは」。会場では自身の経験をふまえたアドバイスもできるため、親子で訪れる参加者も多い。

 ○…鉄道をテーマにしたのは”撮り鉄”である息子の影響。中学生の頃は引きこもり気味だったのが、鉄道に目覚めてからは横浜、都内へと一人で出かけるように。「『好き』に対する子どものエネルギーは凄まじいものがある」と実感し、「大人は彼らの興味に気付き、それらを肯定することが大事」と今につながる気づきを得た。

 ○…最近はこうした場を求めるニーズを感じ、「子鉄部屋」の週末実施も検討中。登校の有無にかかわらず、幅広い層の子どもが趣味でつながり、互いの理解が進むことをめざす。「誰もが自分の『好き』を同世代に気兼ねなく表現できる環境を、自分のできる範囲で提供していきたい」と微笑む。

横須賀版の人物風土記最新6

多田 悠紀さん

学生の起業や社会事業などを支援する「よこすかラボ」の中心メンバーである

多田 悠紀さん

公郷町在住 22歳

5月24日

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

鶴 ジュンさん

長井の活性化イベント「浜と丘とマーケット」を主催する

鶴 ジュンさん

長井在住 54歳

4月26日

三木 真理子さん

「関根川〜相模湾海中 水の輪つなぎ活動:chotto」の代表を務める

三木 真理子さん

秋谷在住 

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook