神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

ピアニストとして地元で初のソロリサイタルを開く 美里 芽玖(みさと めぐ)さん 平成町在住 22歳

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

「演奏で地元へ恩返し」

 ○...初のソロリサイタルをヨコスカ・ベイサイド・ポケットで開催する。規模の大きな会場で、1時間以上ソロで演奏した経験はなく、普段よりもステージにかける思いは強いが、「緊張よりもワクワクが勝る」と目を輝かせる。本番を間近に控え、「自分を育ててくれた地元への恩返しができたら」と気合は十分だ。

 ○...3歳からピアノ教室に通い始めてから20年。ここまで続けてこられたのは「演奏する楽しさはずっと変わらないから」。特段ピアニストを志したきっかけがあるわけではないが、小6で全国で一部の生徒しか選ばれない特別コースに進み、精鋭らの演奏に刺激を受けたことでさらに練習に励むようになった。東京音大付属高時代は始発電車で通学し、始業まで寸暇を惜しんで鍵盤に向かった。今年4月からは同大大学院へ進み、さらに学びを深める。

 ○...毎年夏に行われるコンクールでの入賞を一つの目標に据えているが、過去には他者による評価と自身の音楽性のズレに悩んだことも。厳しい評価を受けた経験を「ピアノ一筋でやってきたからこそ、まるで自分自身が否定されたような気分になった」と振り返る。現在では「評価基準や結果にとらわれすぎず、自分の信じた音楽を鳴らすことが大事」とコンクールもレベルアップの場として前向きに捉えている。

 ○...演者としてのモットーは「お客さんが楽しんでくれる演奏」。リサイタルの曲目にはクラシックのほかジャズも取り入れ、音楽に触れたことが少ない人でも楽しめる構成を意識した。サブスク等のサービスが発達した時代だからこそ、「現場で音楽に直接触れる魅力を伝えていきたい」と生演奏にこだわり、技術を磨き続ける。

横須賀版の人物風土記最新6

多田 悠紀さん

学生の起業や社会事業などを支援する「よこすかラボ」の中心メンバーである

多田 悠紀さん

公郷町在住 22歳

5月24日

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

鶴 ジュンさん

長井の活性化イベント「浜と丘とマーケット」を主催する

鶴 ジュンさん

長井在住 54歳

4月26日

三木 真理子さん

「関根川〜相模湾海中 水の輪つなぎ活動:chotto」の代表を務める

三木 真理子さん

秋谷在住 

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook