神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年5月17日 エリアトップへ

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している 酒井 俊雄さん 佐野町在住 68歳

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

差し伸べる援助の手

 ○…障がい者や高齢者に向けた福祉活動を通して、憩いの場を提供する「市民の心をつなぐ会」の代表を務める。チャリティー朗読劇は3度目となる。きっかけは自身が汐入駅前で営む「カフェグレース」に通う常連客の一言だった。「私は視覚に障がいがあり、映画や芝居が見られない。耳で楽しめるイベントがほしい」。すぐさま馴染みの人にあたり、場をセッティング。店舗を会場に始めた。

 ○…2年前、手探りのなか少人数の演者で進めた朗読劇だったが、満員で好評を得た。「喜んでくれる顔を見るのが嬉しくて」。そこからさらに劇をグレードアップするため、収容人数が多い舞台を会場に選出。キャストを増員したり、稽古の時間を増やした。すべては”より楽しんでもらう”という奉仕精神からだ。

 ○…助けを求める人は放っておけない性質。建設会社で働いていた30代の頃、親友とも呼べる同僚の自死を目の当たりに。「何も力になれなかった」。今でも後悔の念が強く残る。そんな想いを抱えたまま迎えた定年。「困っている人に手を差し伸べて、心のよりどころとなる場を作りたい」。それがカフェという形になり5年前に開業した。

 ○…「死の淵を経験した自分だからこそ歩み寄れる」。親子関係に悩みを抱えたまま大人になり、25歳の時に自死を図ったが、間一髪で一命を取り留めた。「生き残ったのには何か意味がある。自分がこれから出来ることは何か」。いまも模索中だが、メンタルヘルスの自助グループや定期的なワークショップの開催など、悩みや相談がある地域住民の声に耳を傾けている。「まずは寄せられた声に応えられる人になりたい」。朗読劇はその第一歩だ。

横須賀版の人物風土記最新6

迫田 義広さん

野球人口拡大に取り組む中学校教諭

迫田 義広さん

追浜東町在住 43歳

6月7日

本多 和彦さん

日本ホタルの会の会長を務める

本多 和彦さん

西浦賀在住 66歳

5月31日

多田 悠紀さん

学生の起業や社会事業などを支援する「よこすかラボ」の中心メンバーである

多田 悠紀さん

公郷町在住 22歳

5月24日

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第3回 駿河台編【1】文・写真 藤野浩章

    6月14日

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第2回 プロローグ(倉渕編【2】)文・写真 藤野浩章

    6月7日

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook