逗子・葉山版 掲載号:2011年4月8日号
  • googleplus
  • LINE

逗子市 届け、地元の善意 10日(日)まで救援物資受け入れ

これまでに多くの市民が訪れた
これまでに多くの市民が訪れた

 どうか、被災地の人たちのために役立てて―。逗子市では現在、市民交流センター1階で東日本大震災への救援物資を受け付けている。受け入れているのは毛布、飲料水(ペットボトル限定)、粉ミルク、紙おむつ(新生児・乳児用、高齢者用)、ウェットティッシュ、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、整理用品、マスク、タオル、石鹸、官製はがきの12品目(新品・未使用品限定)。

 市によると先月23日に設置以来、窓口には毎日多くの市民が訪れており、これまでおよそ千人が寄付に訪れたという。また窓口では職員のほか、有志の市民ボランティアも受け入れ作業を手伝っている。受け入れはあさって10日(日)までの予定。午前9時から午後5時まで。同センターへの持参のみ受け付ける。また集まった物資は神奈川県を通じて被災地に送られる。問合せは同センター【電話】046(872)3001まで。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク