逗子・葉山版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

放射線量、基準値超え 葉山小屋上側溝で検出

社会

 葉山町は15日、葉山小学校で5年生の総合的な学習の一環で校舎内外の放射線を測定したところ、屋上側溝の1ヵ所で国の基準値毎時0・23µsvを超える毎時0・8µsvの放射線が検出されたと発表した。同日、町職員が再度測定したところ毎時0・7〜0・8µsvを計測したため、木の葉や土を除去。除染後は毎時0・04〜0・05µsvに減少した。雨などで付着した放射性物質が溝にたまったことが原因と考えられる。

 これを受け、翌16日に町内の小中学校をはじめ、保育園や児童館など21施設で測定を実施。測定の結果、いずれも基準値は上回らなかった。

 同町では今後も町立小学校4校と中学校2校、町立保育園については土曜日、日曜日を除いて毎日測定を行い、結果を随時町ホームページで公開する方針。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク