逗子・葉山版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

逗子市 特定不妊治療費を助成 体外受精など対象に

社会

 逗子市は今年度から特定不妊治療について、市内在住の夫婦を対象に費用の一部を助成している。

 対象となる治療は不妊治療のうち体外受精と顕微授精で、「他の市町村で助成を受けていないこと」「2012年4月1日以降に治療が終了している」などが条件。医療保険の適用外で高額なため、夫婦の経済的負担の軽減を図ろうと今年度から助成を開始した。

 助成額は上限5万円で、1年度あたり1回、2年続けて受けることができる。同市では70人分の補助額として350万円を今年度予算に計上。今年度の利用状況を考慮した上で、来年度の助成金の増額などについて検討する。

 申請をするには予め県の特定不妊治療支援事業に申請し、助成承認決定を受ける必要がある。申請方法は、助成交付申請書(市HPからダウンロード)に県からの承認決定通知書、申請した際の受診など証明書の写し、治療費の領収書の写しの3点を添えて治療後1年以内に市子育て支援課に提出。問合せは同課【電話】046・873・1111まで。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

葉山芸術祭

4.21(SAT)−5.13(SUN)

葉山芸術祭

4月20日号

世界の文化とつながる10日間

新議長に高野氏

逗子市議会

新議長に高野氏

4月20日号

地域住民が町を提訴

大人も子どもも全速力

小さな命に想い寄せて

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク