逗子・葉山版 掲載号:2013年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

吟詠と書で新春祝い

文化

 葉山町福祉文化会館で4日、新年恒例の「新春の集い」が行われた。町と同町議会が合同で主催。

 冒頭で山梨崇仁町長は「昨年は町長として様々な場所に出向く中でまちの力を感じた。今年も町民、職員、議会の皆様と力を合わせてより良い葉山にしていきたい」とあいさつ。畑中由喜子議長も壇上に上がり、新年のあいさつを述べた。会場には行政関係者や町民など例年を上回る200人が訪れ、ともに1年の志を新たにしていた。

 また今年は吟詠と書で新春を祝う新たな取り組みも。町詩吟詩舞連盟(上村岳章理事長)の会員ら30人が江戸初期の文人、石川丈山の「富士山」を吟じる中、町書道協会の伊藤月仙さんが書を実演。「晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は かはらざりけり」としたため、新年の門出を祝った。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク