逗子・葉山版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

小柴昌俊科学教育賞 理科ハウスが優秀賞

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena
池子十字路そばにある理科ハウス(上)と賞状とメダルを手にする森裕美子館長(下)
池子十字路そばにある理科ハウス(上)と賞状とメダルを手にする森裕美子館長(下)

長年の普及活動を評価

 逗子市池子にある私設科学館「理科ハウス」(森裕美子館長)がこのほど、(公財)平成基礎科学財団が主催する「小柴昌俊科学教育賞」の優秀賞を受賞した。最終選考に残った4つのプログラムのうち最高評価にあたるもので、開館以来取り組んできた子どもたちへの科学分野の教育や啓発活動が評価された。

 同財団は、「基礎科学の分かる教育の普及、意欲と夢を持った若者を育てること」などを目的に03年に発足。理事長はノーベル物理学賞受賞者の小柴昌俊氏が務める。

 同館は08年5月に開館。「世界一小さな科学館」として在来の科学館や学術機関と連携し、展示や実験、研究者の講演、天体観測など、子どもたちが身近に科学に親しみながらその才能や視野を広げることに力を注いできた。開館利用者数はおよそ6年で延べ2万3千人を数える。講評では「開館以来、訪れる数多くの児童生徒をわずか2人のスタッフで対応し、顕著な実績をあげている。その情熱と努力には感動を禁じ得ない」とし、「小さな科学館」ならではの積み重ねが高く評価した。受賞を受けて森館長は「通ってくれる子どもたちのおかげ。これまで頑張ってきて本当に良かった」と振り返った。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

自慢の愛艇は木製手づくり

自慢の愛艇は木製手づくり 文化

豊岡さんのカヌー 大海原へ

11月20日号

県内書家30人作品一堂に

撤退から「存続」へ

撤退から「存続」へ 経済

新店舗名、立地などは未定

11月20日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月20日号

プレミアム付食事券、発売

Go To Eat

プレミアム付食事券、発売 経済

LINEやコンビニで

11月20日号

エコバッグ作ります

販促品・記念品に

エコバッグ作ります 文化

完成までサポート

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク