逗子・葉山版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

亀岡八幡宮で恒例の節分祭 「福の神」求め賑わい

文化

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena

 晴天に恵まれた3日、市内の神社や学校施設などで節分行事が行われた。亀岡八幡宮では、豆とともに食品や生活用品などと交換できる「福の神(紙)」が振る舞われるのが恒例で、今年も空を舞う福をつかもうと、多くの人出で賑わった=写真。

 同神社では「福は内」が2回、「鬼は外」を1回で豆をまくのが習わし。氏子会副総代で司会を務めた産形長司さん=人物風土記=が行事の歴史を紹介しながら「福袋は縁起物ですから、あまり欲張らず分け合って」と呼びかけた。とはいえ、いざ掛け声とともに豆や福袋が撒かれると大人も子どもも懸命に手を伸ばし、会場の熱気は急上昇。合間には熱を冷まそうと、檀上でハーモニカ演奏で唱歌「ふるさと」が披露され、来場者の心を静めていた。20代の男性は「福袋ももらえたので、何かいいことがあったらいいなと思います」と笑顔を見せていた。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

市民と創るアート空間

市民と創るアート空間 文化

5月22日から「ぼくうた」展示

5月13日号

「同じ事故起きないように」

「同じ事故起きないように」 社会

中高生が危険箇所調査

5月13日号

伝説のオペラ座ライブ上映

伝説のオペラ座ライブ上映 文化

文化プラザのスクリーンで

5月13日号

市民活動を応援

市民活動を応援 社会

逗子の団体向け助成受付

5月13日号

みそぎ橋の塗り替え体験

みそぎ橋の塗り替え体験 文化

地元職人が指南

5月13日号

自転車で地域の魅力再発見

自転車で地域の魅力再発見 社会

ツール・ド逗子開催

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook