逗子・葉山版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

小説など力作20編 北斗七星第6号を刊行

文化

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
長編から短編まで、秀作が揃った
長編から短編まで、秀作が揃った

 逗子と葉山の文芸愛好家らがつくる「北斗七星の会」(喜多哲正代表)がこのほど、文芸集「北斗七星」の第6号を刊行した。今回は「鎌倉文芸の会」による作品を加えた、小説や随想など全20編を収録。いずれも力作揃いで、読みごたえのある内容に仕上がっている。

 同会は年に1回をめどに毎年文芸集を発行しており、芥川賞候補にも選ばれたことがある代表の喜多さんが指南。会員が互いに批評や助言をし合い、修正を重ねながら執筆してきた。

 巻頭を飾るのは加藤紀実さんが書いた時代小説「露時雨」。庄屋に嫁入りした娘と、夫の弟との間に交錯する淡い恋心を瑞々しいタッチで描いた。「今号の特徴は短編、長編問わず秀逸な作品が揃ったと自負しています。ぜひ多くの方に読んでいただければ」と事務局の川村智子さん。同作には喜多さんが執筆した小説「沈黙の死:後編」のほか、昨年他界した会員への追悼文も添えられている。

 B5判210頁。1200円。逗子の椿書房などで販売している。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

アカペラと和太鼓がコラボ

アカペラと和太鼓がコラボ 文化

2月、ワークショップも

1月21日号

シェアサイクルの感想募集

池田通りでお得に買い物

池田通りでお得に買い物 経済

「プレミアム商品券」販売中

1月21日号

小坪に車中泊スペース誕生

小坪に車中泊スペース誕生 経済

試行的運用開始 活性化目指し

1月21日号

春告げる「わかめ干し」体験

春告げる「わかめ干し」体験 社会

市観光協会らが参加者募集

1月21日号

「アマモの苗大きくなあれ」

「アマモの苗大きくなあれ」 教育

一色小で環境授業

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook