逗子・葉山版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

小説など力作20編 北斗七星第6号を刊行

文化

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
長編から短編まで、秀作が揃った
長編から短編まで、秀作が揃った

 逗子と葉山の文芸愛好家らがつくる「北斗七星の会」(喜多哲正代表)がこのほど、文芸集「北斗七星」の第6号を刊行した。今回は「鎌倉文芸の会」による作品を加えた、小説や随想など全20編を収録。いずれも力作揃いで、読みごたえのある内容に仕上がっている。

 同会は年に1回をめどに毎年文芸集を発行しており、芥川賞候補にも選ばれたことがある代表の喜多さんが指南。会員が互いに批評や助言をし合い、修正を重ねながら執筆してきた。

 巻頭を飾るのは加藤紀実さんが書いた時代小説「露時雨」。庄屋に嫁入りした娘と、夫の弟との間に交錯する淡い恋心を瑞々しいタッチで描いた。「今号の特徴は短編、長編問わず秀逸な作品が揃ったと自負しています。ぜひ多くの方に読んでいただければ」と事務局の川村智子さん。同作には喜多さんが執筆した小説「沈黙の死:後編」のほか、昨年他界した会員への追悼文も添えられている。

 B5判210頁。1200円。逗子の椿書房などで販売している。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

家族の姿あぶり出す

家族の姿あぶり出す 文化

逗子市在住 喜多さん新作

11月15日号

「子どもの未来に役立てて」

ずし呑み実行委

「子どもの未来に役立てて」 社会

市内3団体に寄付

11月15日号

花の木公園で譲渡会

花の木公園で譲渡会 文化

獣医師による講義も

11月15日号

思い出話に花咲かす

思い出話に花咲かす 社会

沼間中でカプセル開封

11月15日号

「首里城再建できることを」

「首里城再建できることを」 社会

沖縄まつり実行委

11月15日号

逗子中生の研究展示

理科ハウス

逗子中生の研究展示 教育

工夫や過程辿る

11月15日号

逗子の魅力カレンダーに

逗子の魅力カレンダーに 社会

市観光協会で販売中

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク