逗子・葉山版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

本番へ向け稽古に熱 逗子こども能、来月公演

文化

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena
柴田さんの指導で稽古に取り組む子どもら(=25日、同ホール)
柴田さんの指導で稽古に取り組む子どもら(=25日、同ホール)

 子どもたちが仕舞や素謡を披露する「逗子こども能」が2月28日(日)、逗子文化プラザホールで行われる。伝統芸能に親しんでもらおうと同ホールの主催で今年7年目を迎えた。参加者らは1カ月後に迫った舞台を控え、プロ能楽師の指導を受けながら稽古に励んでいる。

 「獅子には文殊や召さるらん。帝は飛行の車に乗じ――」。25日、同ホールでは稽古に取り組む子どもたちの声が響き渡っていた。今年初めて参加した逗子小学校1年の清水温太郎(はるたろう)君(7)は「舞を覚えるのは大変だけどお稽古が楽しい。本番も頑張りたい」と意気込む。

 参加するのは逗子市在住者を中心とした小学1年生から中学3年生までの29人。観世流シテ方能楽師の柴田稔さんの指導のもと、昨年5月から月に2回、稽古を重ねてきた。特有の発声や立ち回りを学ぶ子どもたちの表情は真剣そのもの。「伝統芸能を通じて、礼儀や行儀作法の大切さを伝えられたら」と柴田さん。

 今年子どもたちが挑戦するのは仕舞「玄象」「嵐山」「経正」と素謡「土蜘蛛」「橋弁慶」の計5演目。当日は華やかな衣装に身を包み、練習の成果を披露する。同ホールでは「一生懸命稽古を重ねてきた、子どもたちの晴れ姿をご覧いただければ」と話している。

 公演は午前10時30分開演(開場15分前)。全席自由で入場無料。同日午後3時からは柴田さんも出演する「能狂言公演」も行われる(全席指定一般3500円)。問合せは同プラザ【電話】046・870・6622

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook