逗子・葉山版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

逗子市議会 図書館の指定管理「NO」

政治

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
約15万冊の蔵書が並ぶ逗子市立図書館
約15万冊の蔵書が並ぶ逗子市立図書館

 逗子市が指定管理者への移行を目指して提案していた条例改正案について、逗子市議会は22日、本会議で8対9の賛成少数で原案を否決した。審議を付託された教育民生常任委員会では僅差で可決されていたが、専門性の高い公共施設を民間委託することに対し、慎重論が勝った形だ。

 図書館の指定管理をめぐっては、2014年2月定例会でも否決された経緯がある。市は12年に民間委託ロードマップで指定管理者への移行を記載。「市の意向を反映させやすい」などとして市が株式の51%を保有する(株)パブリックサービスを指定していた。

 指定管理を目指す主な理由には現行の雇用体系がある。市は要項で非常勤職員の任期上限を10年と規定。運営のノウハウを持つスタッフが毎年流出するのが課題となっており、民間委託することで職員を確保し、市民サービスの向上に繋げさせることが狙いだった。

 だが本議会では「ノウハウのない民間会社に安定的な運営が務まるとは思えない」「非公募で市民の意見を取り入れないやり方に疑問が残る」など異議が相次いだ。議決を受けて平井竜一市長は「議会の理解が得られなかったことは残念だ。今後については改めて検討する」とコメントした。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook