逗子・葉山版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

逗子生まれ シゲタさん 「遊んで郷土愛育んで」 ジモトかるたを製作

文化

作者のシゲタサヤカさん
作者のシゲタサヤカさん
 逗子生まれの絵本作家、シゲタサヤカさん(37)が県内33市町村のグルメや観光などの魅力にスポットを当てた『遊んで学べる神奈川県民ジモトかるた』(講談社)を製作した。1セット1380円(税別)で書店やウェブサイトなどで販売している。

 「どこかにクスッと笑える面白さを入れたくて」。ステーキに舌鼓を打つ葉山牛(葉山町)やマラカスを振るひょうたん(大井町)など色鮮やかでユーモアに富んだ絵札が並ぶ。文字札は「はやまで ステーキ たべてみた」「うぃんどさーふぃん するならやっぱり ずしかいがん」などいずれもご当地にちなんだものを考案した。

 シゲタさんは2009年『まないたにりょうりをあげないこと』(講談社)で作家デビュー。きっかけは2年前、アルバイトをしていた地元テレビ局の子ども向けの番組で「神奈川の良さを知ってもらうためにかるたを作ってみないか」と声がかかった。県内33市町村すべてを紹介すると決め、製作をスタート。絵札の題材は景勝地や食べ物など、バランスよく選定した。

 発売からおよそ1カ月。売れ行きは好調といい、シゲタさんは「こんなに地元の注目度が高いのは初めてでうれしい」と笑顔を見せる。裏面には各市町村のシルエットが印刷されており、場所当てクイズで遊ぶこともできる。「家族で遊びながら地元愛を育んでもらえたら」と話した。

 かるたについての問合せは講談社幼児図書編集部【電話】03・5395・3534

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

田越川の魚105種報告

14年間の活動成果、冊子に

田越川の魚105種報告

2月9日号

親子と地域、つなぐ場に

久木小住民協

親子と地域、つなぐ場に

2月9日号

広報コンクールで最優秀賞

逗子市

広報コンクールで最優秀賞

2月9日号

「福は内!」掛け声響く

茶の湯の心、読み解く

山口蓬春記念館

茶の湯の心、読み解く

2月9日号

木管五重奏の響き

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク