逗子・葉山版 掲載号:2017年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

山口蓬春記念館 夫妻の美意識 6日から新春展

文化

《染付面取壺「祭酒樽」》朝鮮時代(18世紀)
《染付面取壺「祭酒樽」》朝鮮時代(18世紀)
 大正期を代表する日本画家、山口蓬春の作品や資料を収蔵する山口蓬春記念館(一色2320)で1月6日(金)から新春企画展「山口蓬春邸のおもてなし―蓬春夫妻の美意識を探る」が始まる。3月20日まで。

 同館は蓬春が春子夫人とともに晩年を暮らした邸宅兼アトリエ。同展では夫妻の作品や愛蔵コレクションを展示し、その美意識と魅力に迫る。午前10時から午後5時(入館4時30分まで)。入館一般600円、月曜休館。問・【電話】046・875・6094

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

田越川の魚105種報告

14年間の活動成果、冊子に

田越川の魚105種報告

2月9日号

親子と地域、つなぐ場に

久木小住民協

親子と地域、つなぐ場に

2月9日号

広報コンクールで最優秀賞

逗子市

広報コンクールで最優秀賞

2月9日号

「福は内!」掛け声響く

茶の湯の心、読み解く

山口蓬春記念館

茶の湯の心、読み解く

2月9日号

木管五重奏の響き

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク