逗子・葉山版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

道東に生きる野生動物写す 大友さんの展示26日から

文化

オジロワシを写した作品も
オジロワシを写した作品も

 葉山町在住の大友洋子さんによる写真展「道東に生きる」が3月26日(月)から31日(土)まで、逗子文化プラザギャラリーで開催される。午前10時(初日は午後1時)から5時まで。

 北海道の大自然に魅了され、道東の野生動物を撮影し続けている大友さん。今回は知床半島や野付半島、阿寒町などで出会ったタンチョウやキタキツネ、エゾジカ、オオハクチョウ、シマフクロウやハシボソミズナギドリの大群などがたくましく生きる様子を写真に収めた。

 大友さんは「大自然の中で躍動する命を多くの人に見ていただけたら」と呼びかけている。

 入場無料。問い合わせは同ギャラリー【電話】046・870・6622へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク