逗子・葉山版 掲載号:2018年7月6日号 エリアトップへ

日常から紡いだ物語 北斗七星第9号が完成

社会

掲載号:2018年7月6日号

  • LINE
  • hatena
喜多さん(中央)と会員たち
喜多さん(中央)と会員たち

 逗子葉山の文芸愛好者が集まり、創作活動を行っている北斗七星の会(喜多哲正代表)がこのほど、文芸誌『北斗七星第9号』を完成させた。

 芥川賞候補にも選ばれたことがある沼間在住の喜多さんが講師を務めた市民講座の受講者を中心に結成された同会。2010年に同誌を創刊して以降、毎年発刊している。

 今回は鎌倉文芸の会の作品を含め、小説を中心に旅行記、回顧録などバラエティーに富んだ力作20編を収録。終活や介護をテーマにした作品も多く、それぞれの実体験を基にした読み応えのある内容となっている。

 同会では喜多さんを指南役に会員たちが持ち寄った作品を批評し合い、推敲を重ねる。喜多さんは「みんなでひとつの作品を作っていく。そんなところが面白くここまで続けられるのでは。多くの人に読んでほしい」と話している。

 『北斗七星第9号』は逗子市池田通り商店街の椿書房などで販売中。1200円。問い合わせは【電話】046・873・3813喜多さんへ。

お中元商品受付スタート

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。「本物の味」が直売所価格!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

「逗子で働く」を当たり前に

「逗子で働く」を当たり前に 経済

ワーケーションの実証実験

6月26日号

上山口の棚田に恵みの雨

上山口の棚田に恵みの雨 社会

里山の原風景広がる

6月26日号

8月に代替大会開催へ

県高野連

8月に代替大会開催へ スポーツ

トーナメント方式、無観客で

6月26日号

「新しい社会の形」追求を

特別インタビュー

「新しい社会の形」追求を 社会

県医療危機対策統括官 阿南医師

6月26日号

新理事長に鷲尾氏

湘南信用金庫

新理事長に鷲尾氏 経済

6月26日号

集まれ工作キッズ

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月26日号

お問い合わせ

外部リンク