逗子・葉山版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

三浦 築90年超の蔵で憩う DIYでカフェに再生

社会

カフェオーナーの三崎さん
カフェオーナーの三崎さん

 三浦市初声町和田、国道134号線沿いに1軒の蔵づくりのカフェが建つ。オーナーの三崎由湖(ゆみ)さん(都内在住)は解体寸前だった築90年以上の建屋を購入・改修し、再生を意味する「リバイバルカフェ」と名づけた。

 「古いものが好き。蔵には当時の職人の知恵が詰まっている」と語る三崎さん。泰然とした佇まいやアカマツの梁、柱、佐島石の壁などはそのままに、眠っていた古道具も丁寧に磨いてインテリアとして活用している。

 リノベーションには、約2年を費やした。特定の工務店は入れず、知人らの手を借りながら自身がイメージするカフェを作り上げた。水回りや動線確保に苦労し、想定を超える手間と費用がかかったが「それでも残す価値があった」と振り返る。

 趣味の車をコンセプトにしたカフェは、昨年5月にオープン。以来、地域住民や車好きが足繁く通う“人が集う蔵”としてにぎわいが生まれている。「これからは次の世代に古いものを大切にする良さ、地域の風土を伝えていきたい」と展望を話した。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月8日号

お問い合わせ

外部リンク